定期的にSPTしていても歯周病が再発してしまう

 歯周病予防のためには毎日の歯磨きが重要ですが、歯ブラシできれいにできるのは歯の表面だけです。歯と歯の間の隙間はデンタルフロスを使う必要があります。フロスを上手に使うことによって、プラークコントロールがより効果的にできるようになります。以下は、定期的にSPTしていたにも関わらず歯周病が再発してしまうケースについての記事からの抜粋です。

【ブラキシズムなど咬合圧に注意していたか】
 口腔の健康を脅かすものは、プラークだけではありません。直接目で見ることができない力が影響していることもあります。生理的ではない動揺がないか、咬耗していないか、フアセット(上下の歯が擦れあってできた平らな面)ができていないか、補綴物にシャイニングスポット(上下の歯が擦れあったため、補綴物の他の箇所より輝きを増した部分)がないかなどチェックしてください。気になる箇所は常に歯科医師に報告していたかSPT時の診査は、そのほとんどが歯科衛生上にゆだねられていますが、その変化に気づいたときや気になる箇所があった場合はすみやかに歯科医師に報告,します。
 また、もし再発してしまった場合には、早い段階まで適切な処置ができるように判断を仰ぎます。(Vol.34 歯科衛生士引用)

 歯と歯の間のプラークコントロールのためには、フロスが有効です。ブリッジや詰め物をしていて、どうしてもフロスが入らない場所は、歯科衛生士がきれいにしますので、定期的に歯科の定期検診をお受け下さいね。北 大阪インプラントセンターでは、無料の電話相談を行っております。専門のカウンセラーがあなたからのご質問にお答えします。
 

  • 投稿日時:2012年01月31日
  • 記事分類:歯周病

ジーシーインプラントシステム2

 インプラントには様々な種類があります。それぞれに特徴があり、専門医が患者さんの症例にあった最適のインプラントを選択いたします。以下はジーシーインプラントシステムに関する記事からの抜粋です。

【ジーシーインプラントシステム】
●フィクスチャー
 ジーシーインプラントシステムの術式は1回法,2図法いずれも使用でき,アバットメントとフィクスチャーはエクスターナルヘックスにて連結される.Jls種純チタン製のインプラント体にはストレート型とテーパー型の2種があり,骨の状態によって選択できる.テーパー型は普通から軟らかい骨に適応する.ストレート型の径にはφ3.8, 4,4, 5 mm があり,長さは7~18mm 0 5は長さ16mmまで)の間で選択できる.また,テーパー型の径はφ3,8, 4.4mm の2種,長さは7~14mmである.

 インプラント治療をする場合は、口腔内全体のバランスを見て処置を行います。よく噛めて食事がおいしいという状態を作り出すには、インプラントをする部分だけでなく、全体の状態やバランスが良くなければなりません。治療前には必ず専門医がていねいにご説明し、患者さんの承諾をいただいてからの治療となります。北 大阪インプラントセンターでは、インプラント治療をお考えの方に、専門医による無料の初診相談を誤用しており、あなたの場合の治療方法、治療期間、治療費について詳しくご説明いたします。




現在の歯周疾患予防の考え方1

 歯周病の原因はプラーク(歯垢)です。プラークがたまらないようにするためには、正しい歯磨きの仕方を覚え、毎日実行することです。それでも磨き残しや、すでに歯周ポケットが出来てしまっている場合は、その部分にたまったプラークは自分では取り除けませんので、定期的に歯科医院で検診を受けてくださいね。以下は現在の歯周疾患予防の考え方に関する記事からの抜粋です。

【現在の歯周疾患予防の考え方】
1生活習慣病としての位置づけ
 2000年に公表された「健康日本21」のなかで歯周疾患は生活習慣病の1つと位置づけられ,また2010年までに達成すべき歯科保健目標が設定された|.このことは一般の人びと,歯科以外の保健医療専門家,行政関係者等に歯や口腔の大切さを伝え,また,歯周疾患は生活習慣の改善により発生や進行を防止することが可能であるという情報を広く提供することとなった.現在,歯周疾患の予防には原因と細菌に注目するだけでなく,生活習慣を見直すことによって宿主の抵抗力を高めたり,環境要因への対策を行うことも重要であることが強調されている.(2004 現代の治療指針引用)

 正しいブラッシングのためには、まず歯ブラシの毛先を歯と歯の間にしっかりと当てます。そして細かく動かしながら、歯と歯肉を傷つけないように軽く磨くようにします。あまり力を入れすぎると歯ブラシの毛先が開いてしまいますので、プラークがきれいに落とせませんし、歯や歯肉を傷めることにもつながりますので気をつけましょう。軽くあてて細かく動かすのがコツです。1ヶ所につき10回~20回くらい磨きましょう正しい歯磨き方法を知りたい方は、歯科衛生士による歯磨き指導を受けてみてくださいね。歯のことでお悩みがありましたら、北 大阪インプラントセンターの無料電話相談窓口までお電話下さい。専任のカウンセラーがおりますので、どんなことでもお話し下さいね。

  • 投稿日時:2012年01月30日
  • 記事分類:歯周病

わが国における口腔筋機能療法の歴史と歯科衛生士の新たな役割

 口腔筋機能療法(Oral Myofunctinal Therapy)は、聞きなれない言葉かもしれません。小さいころからの指しゃぶりの癖や、舌突出癖からくる口腔周囲筋のアンバランスを矯正し、舌の位置を正常に戻すためのトレーニングと言えば、少しおわかりいただけるでしょうか?これにより、口呼吸の方も鼻呼吸に変わり、細菌が直接口から侵入することがなくなります。口臭がなくなる、いびきをかかなくなる、小顔になるなど、美容や健康面で様々な恩恵を受けることが出来ます。以下はMFT(口腔筋機能療法)についての記事からの抜粋です。

●歯科衛生士の新たな役割
 MFT(口腔筋機能療法)は,健常者や障がいをもった方の口腔機能の改善に活用されています.
歯科衛生士は,日常的にプラークコントロールなどで患者さんの動機づけを行っており,行動変容の知識や技術,心理的なアプローチ方法などを備えていることから,MFTを指導するのに適任と考えられます.米国のMFTの学会(IAOM)では,言語療法士,歯科衛生士,看護師,教員免許収得者などが公認資格を取って活躍しています.
MFTは舌突出癖に対する指導として矯正歯科分野で取り入れられました.(VOL.30 デンタルハイジーン引用)

 歯についてのお悩みや疑問のある方は、北 大阪インプラントセンターの無料電話相談にお電話いただくと、知識の豊富なカウンセラーがあなたのお悩みや疑問をおききします。

  • 投稿日時:2012年01月30日
  • 記事分類:歯科