関西インプラントリカバリーセンターについて

関西インプラントリカバリーセンターは、北大阪インプラントセンターに
併設されており、インプラント手術後に不具合のある方の再治療を
専門にしております。

また、インプラント治療中に他院からの転院希望の方、
再治療のためのセカンドオピニオンの必要な方のご相談も
お受けしております。

インプラントリカバリーの診療は、
豊中駅前院、なんば院、三宮院の各院で行っております。

無料初診カウンセリングのご予約は0120-505-589(歯科センター相談窓口)へ
お電話ください。
【受付時間】月~土 9:30~19:00(土~17:20)

お電話の際に「インプラントリカバリー無料初診相談希望」とお伝えください。
豊中駅前院、なんば院、三宮院の中からお近くの医院をお選びいただき、
初診相談のご予約をお取りします。

インプラントのぐらつきや、かぶせ物の不具合、痛みや腫れなどで
お悩みのある方は、お気軽に無料初診相談をお申込み下さい。

関西インプラントリカバリーセンターはこちらです。
http://www.kitaosaka-implant.com/recovery/


先天性欠如歯の場合

乳歯のままで永久歯が生えてこない歯のことを、先天性欠如歯といい、
昔はとても珍しかったのですが、最近では若い方の中にみられるようになりました。

先天性欠如歯の方は、乳歯をしっかりとケアして虫歯にならないように気を付けながら保たせることになるのですが、あごの骨に乳歯が吸収され、抜かなければならないという方もおられます。

その場合、抜けた歯の部分にインプラントをするという治療法が、近年よく行われるようになりました。

インプラントの場合は、抜けた歯の左右の歯に負担をかけるとなく治療できるのが何よりも利点と言えます。

ブリッジにすると、左右の歯で抜けた部分の義歯を支えることになるので、
左右の歯を削らなければなりませんし、そのブリッジも個人差はありますが、8~15年くらいで
支えの歯が虫歯になるなどして、治療をやり直さなければならないことになります。
支えの歯を抜かなければならなくなることも多いのです。

先天性欠如歯の方は20~30才位で乳歯を失うことが多く、まだお若いため、部分入れ歯という
選択肢を選択される方は殆どおられません。

そこでインプラント治療が注目されることになるのですが、インプラント治療は
保険のきかない自由診療であるため、他の治療法よりも費用がかかり、
そのための準備が必要となります。

歯ぐきを指でマッサージ

口臭や虫歯、歯周病の予防のために、ご自宅でどなたでも簡単に出来る、
歯ぐきのマッサージをご紹介します。

マッサージと言っても、全く難しいものではなく、
1日1回、指でそっと歯ぐきをなでるだけです。
お風呂の中でリラックスしながら、毎日行っていただいてもいいと思います。

まず、手をきれいに洗って、歯みがきも先に済ませましょう。
あとは、人さし指の腹を使って歯ぐき全体をゆっくりとなでるだけです。

左奥下から中央へ向かって2~5回。
右奥も、上側も、同様に行いましょう。


注意する点は、手を清潔にしてから行うことと、爪を立てないことです。
あと、奥の方へ指を入れるとオエッとなる方は、手前の方だけでも、
加減して行ってください。

歯ブラシでのマッサージもおすすめですが、
力を入れすぎると逆に歯ぐきを痛めますので、
歯ぐきに軽くそっと当たるようにして行ってください。
何事も、やりすぎないことが肝心です。

こんな簡単なマッサージでも、歯ぐきの血行が良くなることで、
歯ぐきが健康になります。

それに加えて、あごの筋肉や関節のためには、
食事のときに良く噛んで食べることがとても大切です。

「最低30回噛みましょう」とよく言われますが、
どうしても早食いが癖になっていて、すぐに飲み込んでしまう方もおられるでしょう。

最初は、回数を意識しながら噛んでみてください。
小さなお子さんがおられるご家庭では、
お子さんと一緒に噛んだ回数を数えるのもいいと思います。

歯や顎の健康のために、毎日ちょっとしたことですが、
続けていくと効果がありますよ。

  • 投稿日時:2013年01月18日
  • 記事分類:歯科

歯の治療費は高いと感じますか?

美容・健康にかかる費用の中で、歯の治療費は高いという印象があると思います。

確かに、歯の矯正をすると100万円くらいかかる場合もありますし、インプラントを何本も入れた場合、これも100万円くらいにはなるかもしれません。

しかし、美容・健康にかける費用の中での歯の治療費は、実は女性の場合はそう大きいとは言えません。

毎月のように通っている美容院、ネイル、整骨やエステ、そして化粧品等、ずっとコンスタントにかかり続ける費用を考えると、歯の矯正治療は2年くらいですし、インプラントも数か月で治療が終わります。

一生の間にどれだけの費用がかかるかを考えると、案外美容院、エステ、化粧品等が大きなウエイトを占めることになる筈です。

そう考えると、歯の治療が一概に高いとは言えない場合も多くあるので、ご自身の一生単位でのQOLを高めるためにぜひとも治療が必要だと感じるのであれば、治療を始めてはいかがかと思います。

また、治療には保険がきくものときかないものがありますが、保険でできることは保険診療で行い、それ以外の、例えば歯の被せ物・詰め物を白いセラミックにするような、自費治療の方が良い材料を使えるものは、自費治療にすれば良いでしょう。

自費治療ばかりをすすめるのではなく、部位によってバランスの良い治療をすすめるのが、良い歯医者だと考えます。