メインテナンスについて

こんにちは

本日はインプラント後のメインテナンスについてお話します。

こちらは5年前に治療した方です。

下あごに残っていた歯が3本しかなく、歯槽膿漏で歯が揺れているから入れ歯が安定せず、痛くてものが噛めない、ということでした。



 

 

銀色の歯は根の治療後、歯周病の手術をしてなんとか残すことができました。

白い歯の下には・・・・・

 

 

 



このような「フレーム」というひとつながりになったチタン製の土台がインプラントとネジで連結されています。

土台に白い歯がひとつづつ接着剤でつけられます。

 

 

 

 



ネジでとめられたフレームを外しているところです

この下に・・・・・

 

 

 



インプラントがあります。

4本のインプラントで11本分の歯を支えています。

だいぶんご自身での歯磨き・・・とういうより汚れとり、といったほうが正確でしょうか。

お上手になられました。

歯茎のチェックでは炎症症状がなく、健康な状態ですが・・・

 



裏がわには汚れがついています(黒っぽいところ)。

メインテナンスの来院間隔はその方の状態によりますが、だいたい1~3か月に一度くらいでしょうか。 毎日の歯磨きの主役はやはり患者さんご本人さまなので、私ども歯科医師や衛生士による、プロの視点から徹底的なクリーニングをさせていただいたあとは、上手にできているかチェックを繰り返し、また新たなやり方を指導させていただく・・・・・患者さまと私たち医療者との二人三脚ですね。

この方は現在79歳。「人生これからこれから~!」と元気いっぱいなおばあちゃんです(笑) これからも一緒に頑張りましょうね。

北 大阪インプラントセンター 梅田クローバー歯科クリニック 歯科医師 共田京太


  • 投稿日時:2012年02月06日
  • 記事分類:未分類

抜歯と同時にインプラント

 



 

こんばんは。今日は、歯を抜くと同時にインプラントをした方をご紹介したいと思います。

この方は上の前歯が大きいむし歯で、治療不可能でして、抜かざるを得なかったです。

 

 



 

抜いた直後の写真です。骨に当然ながら大きな穴が開いています。

 

 

 



 

その穴にインプラントを埋め込みました。

この状態で2~3ヶ月待ちますと、インプラントの周りに骨ができてインプラントと骨がひっつきます。



 

インプラントと骨がひっついたのを確認して、型取りをして、かぶせ物をしました。

非常に綺麗なかぶせ物が 出来上がりました。

北 大阪インプラントセンター 副院長 上谷


本日の朝礼で



本日の朝礼では、北 大阪インプラントセンターの理念を皆で唱和し、暗唱しました。当センターの理念はこうです。

 

『技術と愛情』、この2つを常に心がける。この2つのどちらかが欠ければ意味を成さない。常に勉強する気持ちを持ち、潤沢な愛情を患者様    と同僚にかける。

です。実はこれを暗唱して唱和するのは大分前からやってます。ただ、人間は忘れる動物ですので、時々繰り返しています。治療はうまくて当たり前ですが、愛情がなければ何にもならないです。この気持ちを常に頭において治療に専念したいと思います。

 北 大阪インプラントセンター 本日の朝礼担当 小林

 


  • 投稿日時:2011年12月17日
  • 記事分類:未分類