疾病等が原因でインプラントができない方



  おはようございます、松本です。今日も寒いですね。

当センターはインプラント治療を主にしているのですが、インプラントができない方もいらっしゃいます。と言っても物理的に骨がないから出来ないという方は非常に少ないです。それは、ほとんどの場合骨を増やすことができるからです。

ですので、インプラントが出来ないというのは、重度の糖尿病や骨そしょう症やリウマチやガンの治療中の方や、手術が絶対いやという方などです。

 そんな方には磁石の入れ歯という治療法があります。皆様、磁石の入れ歯というのをご存知でしょうか?

ご自分の残ってる歯の根っこの中に磁石を入れて、入れ歯にも磁石を入れます。磁石の力で入れ歯を安定させるものです。それで、この磁石の入れ歯は非常に性能がいいんです。普通、入れ歯ってよくがたつくんですが、磁石の入れ歯は結構安定していて、食事も充分食べれます。ただ、入れ歯には違いないので、入れ歯そのものがきらいな方とか、すごくえづきやすい方とかには無理です。

 当センターでは、磁石の入れ歯の治療もたくさんしておりますので、ご興味ありましたら、おっしゃて下さいね。

                       北 大阪インプラントセンター 総院長 松本正洋

Share on Facebook