インプラントとMRI



  こんにちは、松本です。よく患者さんからインプラントをするとMRIが撮影できますか?というご質問を頂きます。結論を先に言うと、大丈夫です。

 なぜならMRIというのは核磁気共鳴装置といって、磁気を利用して体内の色んなところを撮影するものですが、インプラントはチタンであって、磁気を当然持ってないからです。

 チタンであるインプラントがだめなら、ほとんどの日本人のお口の中に入ってる銀歯や詰め物をしておられる方も撮影が不可ということになりますが、そんなことはありえません。

 残念ながら、レントゲン技師の方でも誤解しておられる方がいらっしゃいますが、どうぞご心配されないでくださいね。

                              北 大阪インプラントセンター 総院長 松本正洋

Share on Facebook