骨の幅が少ない患者さま。




 

 

 

 

 

 

こんばんは、松本です。骨の量が少ない患者様は結構おられます。ただ一口に骨が少ないと言っても、幅が少なかったり、高さが少なかったり色々なケースがあります。

この写真の左の方は、歯がないあごの所が細いのがおわかり頂けると思います。この方の場合、骨を直接増やす方法(GBR法)ではなくて骨の幅を物理的に拡げる方法(スプリットクレスト)をとりました。

骨の幅をのみのような器具で拡げてそこにできた空間にインプラントを埋め込みます。骨と骨の間にはさまれた部分は必ず骨ができます。GBRよりも簡単に骨を増やすことができます。

この治療は本院の上谷医師が行いました。

北 大阪インプラントセンター 総院長 松本正洋