インプラントは予防医学?

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます
 こんにちは、松本です。早いもので正月気分も抜けましたね。

 私どもは毎日、インプラントの手術をしてるわけですが、何のためにインプラントをするかというと、ただ単に噛めるようにしたり、見映えを良くしたりするだけではないんです。

もちろん、それらはすごく大事なことですが、それ以外にも大事なことがあります。

 それは、インプラントをすると、他の残ってる天然の歯が長持ちするということです。歯が抜けて、もしそのままにしてると、噛みにくいだけでなく、歯並びがくずれ他の歯に変な力が働いて歯がだめになったり、ししゅうびょうになりやすくなったりします。

 また、ブリッジや入れ歯にするとその支えの歯に負担がかかり、寿命が縮まってしまいます。

 インプラントをすることは、ただそのインプラントが役に立つだけでなく、残りの歯に非常にいい影響を与え、お口の中全体が健康になります。そういう治療を私はして来ましたし、これからも頑張ってしていきます。

 

北 大阪イン プラントセンター 総院長 松本正洋

Share on Facebook