患者様からの相談ごと。

クリックすると新しいウィンドウで開きます
こんばんは、松本です。今日、患者様からこんな相談を受けました。

「インターネットで見たんですが、現在全国の消費者センターにインプラントに関する相談が増えていて、治療がうまくいかなかったり、手術後腫れや痛みが長く続いたりということがあるらしいが、本当にインプラント手術は大丈夫ですか?」

という内容でした。

現在、インプラントは全国の歯科医院の2割が行っていますが、医院により、治療水準に差があるのは事実です。厚生労働省もインプラントの手術方法について、ガイドラインを作る必要があると言っています。

当然、全ての歯科医院に共通するガイドラインは必要で、その基準に満たない医院は手術をするべきではありません。

また、手術のリスク、欠点や利点など含めて十分に説明することも非常に大事です。インフォームドコンセントと言って、患者様には十分な説明をした上でご納得して頂いてから、治療を開始することが求められています。

我々は、何より手術の安全性には最大限の配慮をしております。また、患者様に対する説明も当然ながらしっかりと行っております。

当たり前のことが当たり前にできるよう常に努力をしていますので、どうぞご安心下さいね。

北 大阪インプラントセンター 総院長 松本正洋

 

 

Share on Facebook

  • 投稿日時:2012年01月13日
  • 記事分類:未分類