日本人の死因



 

 

 

 

 

 

 

日本人の死因は病名別でいうと、1.がん 2.心疾患 3.脳血管障害ですが、病名ではなく、病気の大元の原因別に順位を出したものが発表されました。

上の表の通りなのですが、国際医学誌プロスメディシンによると、2007年の日本人の総死亡数は110万人で、そのうち1.タバコが原因で亡くなった人は12万7千人、2.高血圧が原因で亡くなった人は10万人、3.運動不足で亡くなった人は5万人、4.高血糖で亡くなった人は3万人、5.高塩分摂取で亡くなった人は3万人という結果が東大などの分析でわかったそうです。

タバコが原因の病気とは、肺がん、心筋梗塞、脳卒中などです。

我々が長生きしようと思うと、タバコを吸わず、運動を心がけ、血糖値の上がらない食生活をしていくことが大事だということです。

特に、タバコは命に直結して悪いということがはっきりしました。我々歯科でいうと、ヘビースモーカーの人は歯周病になりやすく、インプラントの成功率も落ちるなどの弊害があります。

喫煙者の方々もご自身の健康のため、そして家族や親戚、友人の為にもタバコをやめましょう!自分の命は自分だけの物ではないのです。

北 大阪インプラントセンター 総院長 松本正洋

Share on Facebook