症例検討会



こんばんは、松本です。早いもので今日でもう1月も終わりですね。インフルエンザがはやっていますが、皆様は大丈夫ですか?

私は、おかげさまでアンチエイジングをして免疫力を上げていますので、元気一杯です。

 

ところで、昨日当センターで初診患者様の症例検討会をしました。

各ドクターがそれぞれ自分が担当した患者様の治療計画を発表しました。

その中でかなり難しい症例の患者様がいらっしゃいました。

インプラントをして歯並びを治して欲しい、それも今あるご自分の上の歯を全部抜いて治したいと言うことでした。

その方は奥歯がなく、前歯だけが残っているのですが、その前歯ももちろん、抜く必要のない歯は抜けません。その方は、前歯を単純に治すことはできるのですが、骨格性の受け口(反対咬合)でしたので、歯並びが綺麗になってもかみ合わせが逆になってるのはアゴ切りの手術をするのが理想なのです。

ところがその方はアゴ切りの手術は絶対にしたくないということでした。

我々が出した結論は、「骨格的な受け口は治らないが、矯正治療によりかみ合わせの逆だけは治し、そして歯のない奥歯のところは、確実にインプラントをして噛むところを作り、長期的に予後のいい治療をする」ということになりました。

こんな結論が出るのも、インプラントや外科、矯正の専門医がたくさんいるからできることです。

一人の歯科医師だけの意見はやはり不十分だと感じました。

北 大阪インプラントセンター 総院長 松本正洋