笑顔の患者さん。

  こんばんは、松本です。今日は昨日と違いすごく寒いですね。雪も梅田でも結構ふってました。

今日は梅田院で診療をしていたのですが、梅田で診療した方ですごく笑顔になられた方がいらっしゃいました。

 「今まで、下の総入れ歯が全然合わなくて10件くらい歯医者を変わったけど、どうしても入れ歯が合わなかったのに、今はすごく噛めるようになり、ほんとになんでも食べれて快適な生活が送れる。」

とおっしゃて頂きました。この方は下アゴにインプラントをしたわけですが、あまり骨がなかった為に、インプラントをたくさん埋め込みができなかったのです。

そこで、インプラントを下アゴに2本だけ埋め込んでそこに磁石を取り付け、入れ歯にも磁石を取り付けて、いわゆるマグネットデンチャー(磁石の入れ歯)を作りました。

この磁石はかなり磁力が強くて、入れ歯がびくともしないくらいに安定します。インプラントがたくさん埋め込みができない方や、手術が嫌いとか、費用を抑えたいという方には最適です。

今日の患者さまにはほんとに喜んで頂けました。まさに、医者冥利につきる1日でした。私たちは患者さんに喜んで頂けることがほんとにうれしいです。幸せな気分になれます。

私は朝礼でスタッフに、「人に喜ばれることを自分の喜びにしよう」ということをよく言ってますが、ほんとにそうだと思います。人間が人間たる所以はそこにあると確信しています。

                                    北 大阪インプラントセンター 総院長 松本正洋

Share on Facebook

  • 投稿日時:2012年02月08日
  • 記事分類:日記