コロッケの「あおいくま」

         
こんにちは、松本です。いつもインプラントばかりしており、あまりテレビは見ないのですが、金曜日の夜に、タレントのコロッケさんの生い立ちのテレビを見ました。

コロッケさんは家がまずしく、食べる物も無いくらいだったそうです。また両親が離婚し、母親ひとりで育てられました。コロッケさんが子供の頃は、片親というのは後ろ指をさされるような状態だったそうで、近所の主婦たちからも白い目で見られていました。

そんな普通ではすごくつらい生活であったにもかかわらず、コロッケ家では笑顔が絶えませんでした。それはお母さんがコロッケさんに教えた「あおいくま」のおかげでした。

「あおいくま」とは、

あ・・・あせるな
お・・・おこるな
い・・・いばるな
く・・・くさるな
ま・・・まけるな

という教えのことです。 この教えを実行していた為にコロッケ家では、つらい顔などすることなく、いつも笑顔でどんなことにも耐えれました。
人間誰でも、つらいこと、しんどいこと、悲しいことがあると思います。でも、この言葉を思い出して頑張ればどんなことでも乗り越えられると思いました。

久しぶりにいいテレビを見ました。当インプラントセンターの朝礼でもこのことを話しました。

北 大阪インプラントセンター 松本正洋


  • 投稿日時:2012年03月04日
  • 記事分類:日記