歯周病だけどインプラントはできますか?

歯周病を放置すると?
こんばんは、松本です。日本人が歯を失う理由で一番多いのが歯周病です。
ですから、インプラントをする方の多くが元々歯周病にかかっていたことになります。

歯周病だからといってインプラントができないということはありません。インプラントの治療の前に歯周病の診断をしっかりと受け、歯周病の治療とインプラントの治療を同時進行することが一般的によく行われています。

もちろん、場合によっては歯周病の治療が先行することもあり得ます。歯周病は歯を支えてるあごの骨が溶ける病気ですから、すでに歯周病のせいで骨が少ない方も多いです。そんな場合でも、骨を再生する治療法がありますので、それを行ったり、骨の移植をしたりすればインプラントの手術はできます。

また、インプラントが終わった後は定期的なメンテナンスも必要です。適切なメンテナンスを受けていれば、インプラントが長持ちする確率が大幅に上がります。

メンテナンスのお話は次回、していきますね。

北 大阪インプラントセンター 総院長 松本正洋

Share on Facebook