インプラントがだめになるとしたら何が原因なのか?

クリックすると新しいウィンドウで開きます
こんばんは、松本です。インプラントが何年持つかは大変重要なことです。インプラントの10年後の生存率は95%です。5%のインプラントは10年後に失われてるのです。

インプラントが駄目になる2大原因があります。それは、

1.歯周病

2.かみ合わせの不具合

です。

インプラントはむし歯になりませんので、そういう意味では天然の歯より丈夫です。また、天然の歯で神経が無い場合は、感染を起こしやすくなったり、歯が折れたりしますが、インプラントはそのようなことはありません。

でも、歯周病というのはインプラントを支えてる骨が溶ける病気ですから、骨が溶けたのではどうしようもありません。

また、かみ合わせの不具合というのはどういうことかと言いますと、例えば最初前歯にインプラントをして、その時は奥歯がしっかりあったのに、その後奥歯を失ってしまい、前歯のインプラントに大きな負担がかかってしまい駄目になるといった場合です。

あとは、歯ぎしりが強いかたとか、あごの筋肉が非常に強い方などもインプラントに負担がかかり寿命を短くしてしまうことがあります。

このような、歯周病やかみ合わせの不具合からインプラントを守るのがメンテナンスという定期健診です。メンテナンスについては次回書きますね。

北 インプラントセンター 総院長 松本正洋

Share on Facebook