セカンドオピニオンの重要性

 こんにちは、松本です。

先日、来られた患者さんですが、ある医院でインプラントの手術をした後に痛みがどうしても消えず、そこの医師に説明を求めましたが、異常はないとの一点張りだったそうです。

私の医院でCTやレントゲンを撮影しましたが、確かに画像上では大きな異常はないものの、やはりインプラントの埋め込む位置がややずれていました。

そのずれが痛みと直結するかどうかは、医学的判断は難しいですが、少なくとも痛みが半年以上も消えないということであれば、やはりそのずれが原因の可能性を説明するべきだったと思います。そして、しかるべき高次の医院への紹介や、治療費の返金など対処法は色々あったはずです。

我々は、常に患者さんのことを真剣に考え、患者さんの人生に貢献するために歯科治療を行っているということをあらためて強く思って、これからも診療して行きたいと思います。

北 大阪インプラントセンター 総院長 松本正洋


  • 投稿日時:2012年04月05日
  • 記事分類:未分類