歯科医師の不信感


こんにちは、松本です。先日お話しした患者様からこんなことを聞きました。その方が以前通っておられた歯科医はとにかく、説明をしてくれなくて、こちらから聞いたら少し答えるだけで、積極的に話してくれない。言葉遣いも丁寧じゃなく、やや横柄で信頼感を感じられない、という内容でした。

我々歯科医師は、治療の勉強をするのは当たり前ですが、それだけでは絶対に患者さんを幸せにはできないと思います。

よく勉強した治療内容と、患者さんに対する愛情、そして親身になってその方が幸せになれるよう考えること、そして人の幸せを自分の幸せとして感じることができるようになることが最も大切だと思っています。

これからも常にそれを考えて日々の歯科治療を行って行きたいと思います。

 

北 大阪インプラントセンター 総院長 松本正洋

Share on Facebook