歯周病があってもインプラントはできる?

クリックすると新しいウィンドウで開きます
こんばんは。松本です。先週の土曜日に大阪梅田で歯の治療セミナーを行いました。

このセミナーでは、歯周病、虫歯、入れ歯、ブリッジ、インプラント、歯の神経の話など盛りだくさんの内容をお話ししています。

そこで、よくご質問を頂くのが、「歯周病があってもインプラントはできる?」ということです。

歯周病の炎症がひどく、その真っ最中の方はすぐにインプラントはできません。まずは、診断を受け、治療をして、炎症がある程度おさまった

時点で、手術を行います。

元々、歯周病で歯を失った方を中心にインプラントをしているわけですから、もちろんできるのですが、歯周病で歯を失った方は、

インプラントも歯周病になる危険性があります。ですので、しっかりとした治療を受けて、その後は歯周病を発症しないように確実に予防の為の

定期健診もお受け頂ければ、あまりご心配はいりません。

基本的にインプラントがだめになる理由は、歯周病とかみ合わせの不具合が原因です。どちらも定期健診で有意に防げますので、ご安心くださいね。

北 大阪インプラントセンター 総院長 松本正洋

Share on Facebook