歯ぐきの移植


こんばんは。松本です。
今日は、歯ぐきの移植をした患者様の例をご紹介したいと思います。専門的になりますが、歯ぐきには硬くて丈夫な歯ぐきと、柔らかくて弱い歯ぐきがお口の中に混在しています。今日お見せする方は、下の前歯の歯ぐきが柔らかくてよく動き、歯周病になりやすい歯ぐきの方でした。そんな方に、ご自分のお口の中の別の場所から丈夫な歯ぐきをその前歯の部分に移植しました。
移植後、4週間くらいで移植した歯ぐきはきれいに傷跡も治ります。


こんな感じです。そして、そこで初めてインプラントをして被せ物をし、治療が終了したのが次の写真です。この手術は梅田院の中薗歯科医師が行いました。こうして歯ぐきの状態が良くなれば将来この患者様は歯周病になりにくくなり、長期的予後のいいインプラントになります。


北大阪インプラントセンター 総院長 松本正洋

Share on Facebook

  • 投稿日時:2011年12月06日
  • 記事分類:未分類