セラミックの土台



こんばんは、松本です。インプラントをした場合、その上にセラミックのかぶせ物などをすることが多いのですが、かぶせ物の下には必ず土台(アバットメント)が必要になります。

その土台はチタンで作ることが多いのですが、その場合チタンは金属ですので歯ぐきから少し金属色が透けて見えることがあります。そうすると歯ぐきが少し黒ずんで見えるため、審美性を気にされる方は土台をチタンでなく、セラミックですることにより歯ぐきは完全に綺麗になります。

上の写真はセラミックの土台を使った方ですが、将来にわたって歯ぐきは綺麗なピンク色のままです。特に上のど真ん中の歯で、女性の方には喜んで頂いてます。

北 大阪インプラントセンター 総院長 松本正洋

Share on Facebook