大阪の3月の星空

星の大好きな私ですが、大阪で星空、しかも大阪中心部でとなると、
残念ながらかなり大きな星しか見えません~。

ですが、ここ数日は金星がとてもきれいに見えるので、
夜の7時~9時頃の大阪の空について書いてみますね。

日没後、西の空にとても大きな明るい星が見えると思います。
本当に、なんじゃこりゃって思うくらい大きくて、煌々と輝いています。
これは金星で「宵の明星」と呼ばれています。

金星と並んでもう一つ明るい星が見えます。
これは「木星」です。

南の空の高い所にも一つ白く輝く星が見えます。
良ーく見ると、星の周囲がぼうっと白く明るくなっていて、星がチカチカ瞬いています。
これはおおいぬ座のシリウスです。

今は金星があまりにも大きく輝いて見えるので、少しかすんじゃいますが、
そうでない時期は、シリウスは本当に大きく七色に輝いて見えるんですよ。

シリウスはオリオン座の左下の方に位置しています。
シリウスの右上の方を探せば、オリオン座の3つ星が見つかるはずですね。
(大阪中心部からはオリオン座の3つ星は見えませんね~。
もう少し郊外に行けば見えると思います。)

天の川が見えるくらい(5等級の星が見えるくらい)の美しい星空を楽しむためには、
大阪のような大都会から100kmほど離れる必要があるそうです。
100km・・って、新大阪から姫路くらいの距離なのですって。

そういえば、10年以上前になりますが、兵庫県佐用町で天の川を見ました。
佐用町は岡山県との県境に近いので、かなりの遠方です。

それ以来、遠く(沖縄とか)に旅行しても何故か天候が悪くて
満天の星空というものを見ていません。
天の川、もう一度見たいな~。

北大阪インプラントセンター スタッフ