コブシが咲いています

街路樹や公園で、コブシの花が見られるようになりました。

例年では3月中旬から咲き始めるのですが、今年は春の訪れが遅かったために、4月の上旬になってやっと開花しました。

コブシはモクレン科で、つぼみや実の形が手のにぎり拳(こぶし)に似ているということで、コブシと命名されたそうですよ。

葉が出るよりも先に大きな白い花が咲くので、とても目立ちます。

秋になると集合果という長さ7~10㎝の赤い実をつけます。

コブシの花言葉は「友情」「歓迎」です。

出会いの季節にぴったりですね。
 

北大阪インプラントセンター スタッフ

Share on Facebook