骨の減少を抑えて、成長を促進するたんぱく質

読売新聞サイトに骨の減少を抑えて、成長を促進するセマフォリン3Aというたんぱく質が東京医科歯科大学の研究グループによって初めて発見されたというニュースが載っていました。

 

骨は固いので生まれ変わっているという印象がなかったのですが、古い骨が壊されて新しい骨が作られるという新陳代謝が起きていて、この破壊と形成のバランスが保たれているときは問題がないのですが、バランスが崩れてしまうと骨粗しょう症などになってしまうとのことです
 

今回発見されたセマフォリン3Aは骨の形成を促進させて、骨の破壊も抑える効果があるそうで、骨粗しょう症などの治療への利用が期待されると書いてありました
まだ実験段階のようですが、ほかにもいろいろな骨の治療に使われていくといいですね
 

インプラントも顎の骨の量や厚みがしっかりないといけないので、今回の発見が歯科でも役立つ時が来ればいいなと思いました。

 

北 大阪インプラントセンター スタッフ

Share on Facebook