「香坂みゆきの歯の相談室」4月30日の内容

4月30日に放送された香坂みゆきの歯の相談室は

「インプラントの手術って危なくないの?」というテーマでのお話でした。
 

<手術について>

インプラントはあごの骨に埋めるのですが、あごには神経・血管が通っています。

手術前にはレントゲンやCTを撮影して神経や血管の位置を把握し手術計画をします。

特にCTは立体的に撮影することができ、細かい枝分かれなどもわかるため、インプラントをするのにとても大切な検査となります。

それからインプラントの長さや幅・埋め込む角度を決めていきます。

 

<病気などについて>

心臓病や糖尿病の方は注意が必要です。

心臓病の方はまず担当医師に現在の状態をお話しください。手術の際は麻酔科の先生に立ち会ってもらって血圧や脈拍を測定しながら安全を確保します。

糖尿病の方は検査結果によってインプラントができない場合もあります。

糖尿病の場合インプラントと骨がくっつきにくく、また歯周病にもなりやすくなります。

また飲み薬を服用している方も担当医師にお伝えください。

 

インプラントを考えている方は手術が必要ということで不安をお持ちの方も多いと思います。

歯科医はインフォームドコンセント(説明と同意)を行って、患者さんの不安を取り除いてから手術を行うことを大切にしています。

説明がわかりにくかったり、不安に思うことは何でも担当の先生にお話しください
 

次回は本日5月7日(月)サンテレビ21:20~「信頼できる先生の選び方」をテーマにお話しいたします。

ぜひご覧ください
 

北 大阪インプラントセンター スタッフ

 

Share on Facebook