5/31は世界禁煙デーです

世界禁煙デーっていうのがあったのですね。私は初めて知りました。

WHO(世界保健機関)が制定した、世界中で禁煙を推進する記念日だそうです。

そういえば、いつの間にかタバコはどんどん増税され、喫煙場所は少なくなり、愛煙家のみなさんは、居心地が悪いだろうなと思います。

歯科医院の立場で言わせていただくと、「タバコはやめましょう~」。または、「ほどほどに・・」ということになります。

・・というのは、一般にタバコを吸う人は、吸わない人に比べると、何と3倍も歯周病にかかりやすいという報告があるそうです。

また2倍も多く歯を失っているという報告もあるそうです。

更に、インプラント治療の際にも、手術後の歯肉の治りが遅くなったり、インプラントと骨がくっつくのを妨げたりと、治療の妨げになります。

インプラントが骨とくっつかないと、インプラント治療は失敗ということになりますので、これは大変なリスクですね。

このように、歯の健康にとって、喫煙は害になってしまいますので、愛煙家のみなさんは、ぜひ少しずつ本数を減らしていくよう、心がけてくださいね。

 

北 大阪インプラントセンター スタッフ

 

Share on Facebook