6/25放送の香坂みゆきの歯の相談室

6月25日放送の香坂みゆきの歯の相談室は「ずっと自分の歯で噛むためには?」というテーマでした。

 

永久歯は親知らずを除くと28本ありますが、80歳で20本の歯を残すということが目標となっています。
「8020(ハチマルニイマル)運動」というのを聞いたことがあるかもしれません。20本以上の歯があれば食べ物をきちんと噛むことができ、おいしく食事をいただけることから自分の歯を80歳で20本保とうという目標を掲げています。しかし80歳で20本の歯が残っている割合は21%という数字だそうです。(平成17年歯科疾患実態調査より)

 

歯を残すためにはどうすればよいのかというと「定期健診」がとても大切です。
歯を失う原因で一番多いのが歯周病なんですが、歯周病になりにくくするには定期健診を受けていただくことです。定期健診にきちんと来られる人は歯周病になりにくいと言われています。

 

定期健診はどのようなものかというと3ヶ月に1回くらい来院していただき歯科衛生士が歯周病の検査をします。
異常がなければ、歯のクリーニングやフッ素塗布(歯を強くする)、歯磨き指導などを行います。
歯周病が見つかれば治療します。初期や中等期であれば治りやすいですが、重症になると治りにくいこともあります。

 

4月~6月にわたって総院長がレギュラー出演させていただいた「香坂みゆきの歯の相談室」も今回が最終回でした。

ご覧いただいた方は歯医者さんが少し身近に感じられたのではないでしょうか?
歯科は苦手だと感じている方も緊張なさらずお気軽にご相談ください。

 

見逃してしまったという方もご安心を
インプラントをテーマにした回の動画をアップしていますのでぜひご覧ください。
こちらのページでご覧いただけます。→

 

北 大阪インプラントセンター スタッフ