平成OSAKA天の川伝説2012に行ってきました

毎年七夕の夜に行われている「平成OSAKA天の川伝説」に、今年も行って参りました。

今年の七夕は土曜日で、昼間に出かけて疲れていたので、「今年はもう行かなくてもいいかな~」と思っていたのですが、辺りが暗くなってくると、上空をマスコミ各社のヘリコプターがうるさく飛び回り始め、「じゃあ、30分ほどお散歩に行ってくるか(大川まで徒歩10分)」となりました。

平成OSAKA天の川伝説は、「いのり星」と名づけられているLEDを光源とした小さな光の球が、大量に天満橋の八軒家浜から大川に流されて、川面に浮かんでキラキラと輝くイベントです。

昨年までは、無料で川の際の歩道へ行けたんですけどね、今年はそのエリアは有料観覧エリアになっていて、無料で見ようと思ったら、そこよりも一段高いところにある道か、または橋の上から見なければなりませんでした。

去年までは、見るからに赤字イベントでしたが、今年は有料観覧エリアを作ったことによって、かなりの収入になったと思います。
いのり星の数も、昨年の3~5倍くらいあるんじゃないでしょうか?

写真をご覧下さい。手前の後ろ頭が、無料で見ている人たち。

下に小さく写っている人たちが、有料観覧エリアの人たちです。何だか腑に落ちませんが、これからもイベントを存続させていくためには、しょうがないという感じです。

今年は旧暦の七夕である8月7日の夜も、いのり星を流すイベントを行うそうですよ。

その前に、天神祭です。7月24日が宵宮で、7月25日が本宮です。奉納花火は25日の夜ですよ。楽しみですね~。

 

北大阪インプラントセンター スタッフ

Share on Facebook