歯ッピー歯ロウィン

歯医者さんでは、ハッピーハロウィンならぬ歯ッピー歯ロウィンです。(ただのダジャレです・・)

最近、日本でもお菓子、雑貨業界を中心に定着しつつあるハロウィンですが、一体ハロウィンって何なんでしょうか? 欧米のお盆のようなものかな~なんて思っていたのですが、調べてみると、かなり違っていました。

ハロウィンとは、本来は聖夜の意味で、ケルト人の暦では10月31日が大晦日にあたり、この夜は地上をうろつく悪霊をすべて動物の姿に移し替えて追い出すことが出来ると信じられていたそうです。

つまりハロウィンは元々、古いケルト人(ドルイド教)のお祭りなんですね。10月31日の夜は、カボチャをくりぬいた提灯を作って、藁や麦の穂で人形や様々な動物を作って、仮装して行列し、広場に大きな焚火をたいて歌ったり踊ったりして楽しんだあと、最後に人形を燃やすのですって。これによって、秋の収穫を祝うとともに、悪い自然例や魔女を追い出すとのことです。

現在では、11月1日を万聖節といって、ハロウィンはその前夜祭です。古いケルト人の文化をキリスト教文化に取り入れ、主に子どもの祭りとなっています。「お菓子ちょうだい。くれないとイタズラしちゃうぞ」というやつですね。

この時期はカボチャが美味しいので、おやつにはパンプキンパイがお勧めです。神戸ベルのパンプキンパイはお値段が手頃で美味しいですよ~。

 北大阪インプラントセンター スタッフ

 

Share on Facebook