6/4~10は歯と口の健康週間です。

6月4日~10日は<歯と口の健康週間>です。(厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会が昭和33年から行っています。(昨年までは歯の衛生週間と呼ばれていました。))

 

今年の標語は「健康は 食から 歯から 元気から」です。

しっかり噛むことと健康とはとても関わりがあります。

・唾液の分泌が多くなることで消化吸収を助けます。また唾液には虫歯や歯周病を防ぐ働きもあります。

・噛む事で脳への血流量が増えて脳が活性化します。

 

しっかり噛んでおいしく食事をいただくためには歯が大切です。

定期的に歯科に通い定期健診やメンテナンスを受ける習慣のある方は80歳になった時の歯の残存率が高くなるという調査結果が出ています。

歯になにか不具合が出てから来院されるのではなく、予防のため、早期発見のために歯医者に行くという考えがもっと広まるようにするということも<歯と口の健康週間>の目的の1つです。

 

当センターではインプラント終了後の患者様へのメンテナンスにも力を入れています。インプラントを長持ちさせるには歯周病にならないことが一番重要です。3ヶ月に1度は来院していただき健診をしています。

詳しくはこちらをご覧ください→

 

北 大阪インプラントセンター スタッフ

Share on Facebook