Monthly archives: 7月, 2014

天神祭2014 その2

人多すぎな天満宮の境内。

2014_0725_11

催太鼓を見物したいのですが、まぶしくて良く見えません。

写真の中央の明るくなっているところで、赤い投げ頭巾をかぶった願人(がんじ)さんたちが太鼓を叩いています。

そうしている間にも、次々に御神輿が戻ってきますが、人多すぎで見えません!

境内では獅子舞、傘踊りが奉納され、見物客は大盛り上がりです。

本当に人だらけです。
カメラを構えても人しか写りません。

2014_0725_13

前にいた背の高い男の人たちが去って行ったので、やっと前が開けました。

2014_0725_14

 

夜の10時を回ったので、そろそろ帰ります。
ああしんど。そろそろ力尽きました。

こんな時間なのに、天神橋筋商店街は人でいっぱい。
小さい子どもたちも、金魚すくいやお面屋さんの前で楽しそうです。

大川からすぐの四つ角では、まだ御神輿で盛り上がっていました。
宮入を全部見届けると夜中までかかりそうですね。

天神橋のたもとでは、救急車が2台停まってました。
年々人が増えている感じの天神祭。
今年はJR大阪駅で環状線のホームが入場規制になったとか。

本当に人が多くて、ゆっくり見れないので、
来年は7月24日の宵宮にも行ってみようかと思いました。

北大阪インプラントセンター スタッフ


天神祭2014 その1

今年も天神祭に行ってきました。
毎年7月25日は大阪の夏の暑さのピークです。
家から歩いて行けるので帰宅して着替えて、ほんの少し食べて、花火が始まる頃に家を出ました。

天満橋側はすごく混むので、天神橋側から船渡御(ふなとぎょ)を見物します。

2014_0725_01

うーん、船の灯りが眩しくて良く見えません。

船上から花火を見るために、大部分の船は桜の宮側に移動しているみたいです。

2014_0725_02

剣先公園で船渡御(ふなとぎょ)見物している方たち。

船に向かって手を振ってます。楽しそうですね~。

2014_0725_03

天神橋の橋の上は車が規制されているため歩行者天国に。

天神橋から花火見物している方もおられるのですが、ここからはあまりよく見えません。
私は宮入を見たいので花火見物は諦めます。

天神橋を渡ってすぐに右に折れると、川沿いの道路は両側に屋台が並び、ものすごい人の波。

1本目の道を左に折れると、大阪天満宮の正面に続く道に出ます。
この道は船から陸に戻った太鼓や御神輿が、天満宮に戻っていく道で、20時頃になると歩道にロープが張られて、大川から天満宮までの間は東西の行き来が出来なくなるため、注意が必要です。
無理やり走って渡ると、ガードマンのおじさんに怒られます!

どうやら催太鼓は既に通り過ぎてしまったらしく、天満宮の方から賑やかな音が聞こえてきます。

催太鼓を見に行こうかと思ったのですが、川の方から地車講のリズミカルな大太鼓、小太鼓、鉦(かね)の音が聞こえてくるので、そちらも気になります。

先の道で催太鼓が相当頑張っているようで、前が進みません。
そこで、少し川の方へ戻って御神輿や地車講を見物しました。

2014_0725_04
道案内の神様、天狗の面をつけた猿田彦(さるたひこ)様がおられます。
やがて地車講が前に進み出したので、通りを天満宮の方へと移動します。

2014_0725_05

昔の装束で、かっこいいです。

2014_0725_06

2014_0725_07

2014_0725_08

2014_0725_09

地車講を引く氏子たち。

女子もいますよ。

2014_0725_10

地車講。動き出したらすごく早くて、写真が取れないっ!

2014_0725_11

天満宮の前。
人多すぎ。

地車講が宮入したところです。

東側にくるっと回って、裏側から境内に入ります。

人多すぎな境内の様子は、その2へどうぞ。

※写真がぶれぶれなのは酔っ払っているからではありません。


歯についてのインタビュー

総院長松本正洋が歯について日本歯科医療情報センターからインタビューを受けました。

blog_140708「歯がダメになりそうなときに選ぶ治療法」「インプラントのメリット・デメリット」などのテーマでお話しています。
普段のカウンセリングや診療、インプラント市民公開講座でも患者さんからの質問・相談の多い内容です。

●歯がダメになりそうなときに選ぶ治療法
歯を失った時にはインプラント、ブリッジ、入れ歯などの治療方法があります。それぞれに利点欠点がありますので患者さんのお口の中の状況や希望する内容によって治療方法を決めていきます。

●インプラントのメリット・デメリット
インプラントを埋入ししっかりした人工歯根で歯をつくるため、しっかり噛めるということとブリッジや入れ歯などのような他の歯にかかる負担がないということが大きなメリットです。デメリットは外科手術が必要なことなどです。

掲載された内容はこちらのPDFファイルをご覧ください。

北 大阪インプラントセンター スタッフ