当センターの症例集

case36  インプラントオペ

患者さん: 女性 60代

以前右下のオペをした方の反対側のオペをしました。

●術前レントゲン撮影
術前レントゲン撮影


右側はインプラントを入れてその日に噛めるように仮歯を入れましたが、
今日のインプラントを入れる部位は顎の骨の感染がレントゲンに見られる為、
仮歯は入れない方法でしました。

●術後
インプラントを入れ終わったところです。
術後写真  術後写真

術後レントゲン撮影


問題なく入れることができました。
神経との関係で少し短めになりましたが問題はないです。


case37  左下奥歯のインプラントオペ

患者さん: 男性 50代

今日は左下の奥歯のオペをしました。
骨と歯茎の状態が良かったため、歯茎をめくらないですることにしました。
その方が傷口が小さく、術後の痛み・腫れが少ないと思います。

●術前
術前写真  術前レントゲン撮影

●術中
術中写真  術中レントゲン写真

歯茎をめくっていないことがわかると思います。
レントゲン写真でしっかり方向・深さを確認していきます。

●術後
術後写真  術後レントゲン写真

最後もレントゲン写真で深さ・方向を確認しました。
問題なく入れることができたと思います。


case38  上顎前歯部にスプリットコントロールを行った症例

患者さん: 男性 40代

レントゲン写真

上顎フルマウスのインプラント治療をおこないます。
まずはじめに左上23番と右上3番にインプラントを埋入しました。
使用インプラントはノーベルスピーディーのNpとRpです。
左上3番はRp13mmを通常埋入可能でしたが、左上2番と右上3番相当部に頬舌的骨幅が不足していたのでスプリットコントロールをおこないました。

スプリットコントロール 術中写真

   右上3番相当部 頬舌的骨幅は4mm弱

白鳳のスプリットコントロールでエキスパンジョンしてノーベルスピーディーNp11.5mmを埋入しました。
歯槽骨の裂開はなく、所定の埋入位置でピタッととまり、2mmほど頬舌幅が広がりました(上図)。
初期固定も45N以上あり、早期に負荷をかけることができそうです。
今後、前方3インプラントでプロビジョナルをつくり、それから臼歯部に骨造成を行い8本のインプラントを埋入予定です。


case39  下顎6本抜歯して、4本のインプラントを埋入して即時荷重を行った症例

患者さん: 男性 40代
主 訴: 歯がガタガタで食事がしにくい  インプラント治療希望

前回にひき続き抜歯即時・即時負荷のインプラントを行いました。

レントゲン写真左下6番9.32mm

使用したインプラントはノーベルグルービーテーパードです
下顎前歯部にはRP13mmを2本。左下臼歯部には10mmを埋入しています。
当初、オトガイ神経を避けるため傾斜埋入を予定してましたが、
抜歯窩の残存骨量が少なかったので断念し、臼歯部に2本通常埋入しました。
臼歯部後方インプラントが下歯槽管にあたっているようにみえますが、
初期固定を得るために舌側に狙って埋入しています。
4本とも初期固定が良好だったので準備していたプロビジョナルを装着して即時荷重としました。

口腔内写真


case40  上顎右側5番 ソケットリフトを併用したインプラント埋入

患者さん: 女性

●術前レントゲン写真
術前レントゲン写真

上顎洞底までの距離は5mmしかありません。
ソケットリフトの適応症です。

●術後レントゲン写真
術後レントゲン写真

ソケットリフトをおこない、上顎洞底を4mmほど挙上しました。
カルシテックインプラントφ3.75×10mmを埋入しました。
φ2.8mmのオステオトームで海綿骨をコンデンスしたので初期固定は良好です。


インプラントについてのご質問・ご相談は無料初診カウンセリングでドクターが詳しくお答えいたします。お気軽にご予約ください。無料の電話相談やWeb診断も行っていますのでご利用ください。

無料電話相談・初診相談予約は0120-505-589(歯科センター相談窓口)までお電話ください。インプラントについてのご相談はこちらから 無料インプラント市民公開講座 無料Web診断・無料メール相談 無料初診相談のご予約

実績豊富  初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

説明会

無料Web診断(無料診断コーナー)

総院長 松本正洋


総院長の松本正洋が、あなたの場合の治療費治療方法治療期間をお答えさせていただきます。