当院の症例をご紹介いたします。

治療例66 下顎右側5番に抜歯即時埋入をおこない、6番に通常埋入した症例

患者さん:60代 男性

主訴:義歯不適合による咬合不全

現病歴:なし

治療方針:義歯不適合による摂食障害のために体重減少。インプラントによる臼歯部の咬合回復を行う

術前レントゲン写真

術前レントゲン撮影

両側下顎臼歯部欠損

術中

術中レントゲン撮影

ドリリングの方向や位置を確認しています

術後レントゲン写真

術後レントゲン撮影

考察
骨量の不足している部分にβ‐TCP製剤のオスフェリオンを填入し、左下5番6番相当部に
カルシテックインプラントφ3.75×10mmを通常埋入しました。2本とも初期固定は良好でした。
今後、右下56にもインプラントを行う予定です。

治療方法

左下5番、6番に2本のインプラントを埋入しました。

費用

インプラント ¥500,000(税抜) 内訳:¥250,000(税抜)×2

チタンアバットメント ¥80,000(税抜) 内訳:¥40,000(税抜)×2

セラミック冠 ¥180,000(税抜) 内訳:¥90,000(税抜)×2

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。

インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。

手術後に腫れることがあります。