スウェーデン製のインプラントについて

スウェーデンのインプラントが世界で最も信頼をおけます。

インプラントの発祥の地はスウェーデンなんです。1964年にスウェーデンの整形外科医のブローネマルク先生が、初めて人間に応用したことから、始まりました。

ブローネマルク博士
ブローネマルク博士
(スウェーデン・イエテボリ大学医学部教授)

その為、スウェーデンには世界中からインプラントを研究する歯科医師が集まり、インプラントの発展に大きく貢献しました。

今では、世界中に300種類位のインプラントがありますが、スウェーデン製のものが最高です。

具体的には下記の2種類です。

アストラテックインプラント(アストラゼネカ社)
ブローネマルクインプラント(ノーベルバイオケア社)

スウェーデン製インプラントの良いところ

1.インプラントと骨との結合が抜群にいい⇒最大のメリット。

インプラント表面(タイオブラスト)

インプラントの表面の性状がタイオブラストと言って、チタンの粉を吹き付けて表面がざらざらになっているため、骨が誘導されやすくなり、さらに骨と頑丈にひっつくようになっています。

2.インプラント周囲の骨が極めて溶けにくい(歯周病に強い)

インプラントと土台の構造(コニカルシール)

インプラントと土台との連結部分が、コニカルシールという、円錐形の構造になっていて、隙間ができないようになっています。その為、隙間から細菌が入ってこず、感染を起こさないのです。

3.歴史が49年あり、最も確実で安心できる。

4.実績と信頼がある

我々日本人は、日本製は優秀と思いたいのですが、残念ながら日本製のインプラントはまだまだ実績も信頼もありません。外国の歯科医師が日本製のインプラントを使うことはまずありません。(韓国製、アメリカ製もそう)

5.スウェーデンのインプラントの人口当たりの普及率は、日本の6倍

⇒つまり、それだけ安心してできて、価値があるから普及している。

6.歯周病の世界的権威のリンデ教授と、共同研究で歯周病に強いインプラントを開発。

リンデ教授

7.あらゆる症例に対応できる。

スウェーデン製のインプラントはすべての症例に対応できます。即時荷重は抜歯即時、あるいはオールオンフォーなど全てのケースにおいて、パーツがそろっています。

8.手術後に骨の吸収を起こさない

インプラントの手術後に、インプラントの周りの骨の吸収を起こさないだけでなく、インプラント周囲の骨をわずかではあるが増やす機能も持っています。

インプラントについてのご質問・ご相談は無料初診カウンセリングでドクターが詳しくお答えいたします。お気軽にご予約ください。無料の電話相談やWeb診断も行っていますのでご利用ください。

無料電話相談・初診相談予約は0120-505-589(歯科センター相談窓口)までお電話ください。インプラントについてのご相談はこちらから 無料インプラント市民公開講座 無料Web診断・無料メール相談 無料初診相談のご予約

実績豊富  初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

説明会

無料Web診断(無料診断コーナー)

総院長 松本正洋


総院長の松本正洋が、あなたの場合の治療費治療方法治療期間をお答えさせていただきます。