インプラントのリスクに関して患者さんが必ず知っておくべき大切なこと。

総院長 松本正洋
総院長 松本正洋

インプラントのリスクに関しては、患者の皆様にとってはすごく心配で気になることだと思います。

私はインプラント治療を30年してきました。私の思うインプラントのリスクをご説明いたします。

何と言っても一番大きいリスクは、手術中に神経や血管を傷つけることです。

その他にもいくつかあり、
大きくは【手術前のリスク】【手術中のリスク】【手術後のリスク】の3つに分類できます。

一番恐い手術中のリスクからご説明しますね!

手術中のリスク

手術中のリスクが、患者さんにとっても歯科医にとっても最も心配な事です。

神経・血管を傷つけるリスク

インプラントの際に注意する神経・血管

下顎管

インプラントの手術は、ドリルで骨に穴をあけるわけですが、その際にあやまって骨の神経や血管を傷つけてしまう可能性があります。

特に、下アゴは大きな神経や血管があります。もし神経を傷つけてしまうと、神経麻痺がおこってしまい、唇やほっぺたの感覚がにぶってしまいます。

血管を傷つける場合は深刻で、実際に東京都内で出血多量による死亡事故も起こっています。

上アゴの場合は、上顎洞という空洞が頭蓋骨にありますが、その上顎洞をあやまってドリルで削ってしまって炎症をおこしてしまうという失敗ケースもあります。

対処法

★下アゴの神経、血管を傷つけない為

必ず歯科用CT撮影を行い、神経、血管の立体的な位置を把握する。

それでも安全を確実に確保する必要がある時は、サージカルガイドを使います。サージカルガイドは、ドリルのガイド機能があります。

CTで神経・血管の位置を正確に把握

▲歯科用CTで神経、血管の位置を正確に把握します。

サージカルガイド

▲サージカルガイド

ドリルの方向や長さをガイドしてもらって、事故を避けるとともに、インプラントの埋め込む位置を最適な位置にする。

サージカルガイドを使っている様子

▲実際にサージカルガイドを使ってる様子

上アゴの上顎洞を
傷つけるリスク

上アゴの場合は、上顎洞という空洞が頭蓋骨にありますが、その上顎洞をあやまってドリルで削ってしまって炎症をおこしてしまうという失敗ケースもあります。

上顎洞

▲赤丸で囲ったところが上顎洞

上顎洞にインプラントを突き出してしまった症例

▲上顎洞にインプラントを突き出してしまった症例

対処法

インプラントオペ

下アゴの時と同様に、必ず歯科用CT撮影を行い、上顎洞の立体的な位置を確認します。

また、手術の際にも、もしドリルの先が上顎洞に触れてしまっても、経験のある歯科医師ならそこでドリルの感触の違いに気づきますので上顎洞をドリルが突き抜けることはありません。

ドリルで骨を削る時に
骨が熱を持つリスク

ドリルで骨を削る時に、ドリルや骨が熱を持たない様に、注水をするわけですが、注水が不足すると、骨の細胞が熱によって死んでしまいます。

対処法

注水は確実に、ドリルの先端の、骨と接触してる部分に行うことを徹底することで防げます。

◎日本歯科医学会の調査で判明しましたが、インプラントをしている歯科医の4人に1人が、手術後に患者さんの神経麻痺などの重篤な後遺症を経験してるということがわかりました。

最近の2年間で、インプラントの手術後の後遺症で大学病院を受診した人は2700人以上いて、その原因が歯科医の技術不足であると指摘した大学が86%にものぼりました。

インプラントオペ

インプラントはどこの医院でやっても同じではなく、経験と常に勉強をしている歯科医のところでおこなわないと絶対にいけません。

歯科医の技術の差は深刻で、利益をあげたいから、未熟にもかかわらずインプラントを行っている歯科医は多いです。

患者さんもしっかりとした知識をみずからつけて、自分を守ることが必要です。

インプラントのリスクに関するご質問・お悩みなど、
どんな小さなことでも丁寧にお答えしますので、お気軽にご相談くださいね。

Call:0120-505-589
  • 無料メール相談
  • 初診予約
  • LINEで無料相談
手術前のリスク

手術をする前のリスクと言うとなんだか変ですよね!でもここがすごく大事なんです。

そもそも手術ができない方もおられますし、手術をする前にすごく注意しないといけない方もいるんです。順番にご説明します。

糖尿病の方のリスク

糖尿病の方は、インプラントをしても、インプラントと骨がひっつきにくくなります。理由は、高血糖やインスリン不足の場合は骨を作る骨芽細胞の働きがにぶるからです。また、骨とひっついた後も歯周病になりやすかったりします。

また、手術中も感染しやすかったり、傷が治りにくかったりすることもあり、注意が必要です。

対処法

基本的に、糖尿病の指標であるヘモグロビンA1cが下がってからインプラントの手術を行います。

A1cの値は、できたら6.5以下になることが望ましいです。

骨粗しょう症の方のリスク

骨粗しょう症

骨粗しょう症の方は、注意して手術することが必要です。また手術の仕方もご説明します。

注意点

骨密度を上げる薬(BP製剤)を飲んでおられる方は、その薬を3か月くらいはやめる必要があります。

もし、休薬せずにインプラントの手術を行ったり、抜歯などの外科処置をすると、そこの部分のアゴの骨が腐ることがありますので要注意です。

骨密度が低いことへの対処法

骨粗しょう症の方は、当然骨密度が低いですので、手術の場合はそれなりの対処が必要です。

☆インプラントを埋め込んでから骨とひっつくのに時間がかかりますので、通常よりも3割くらいはひっつく為の時間を取ります。

☆インプラントを埋め込む周囲だけの骨の密度を上げます。

やり方は、埋め込むインプラントの直径よりも大分小さい径のドリルで骨に穴を開けて、そこにインプラントを埋め込むのですが、その際にインプラントに接してる部分の骨密度が確実に上がります。

喫煙する方のリスク

喫煙のリスク

煙草を吸うことによって、血管が収縮して血流が悪くなり、血中の酸素や栄養分が少なくなります。

また、煙草の中の一酸化炭素が血液中のヘモグロビンとひっつくことによっても、血中の酸素が少なくなります。

酸素や栄養分が少なくなると、インプラントが骨とひっつくのを妨げてしまうだけでなく、インプラントの周りの歯ぐきの治りも悪くします。

さらに、インプラントの治療が終わってからも煙草によって、インプラントが歯周病になる確率が上がってしまいます。

対処法

1日2箱吸う方は、1日に10本以下程度に減らして頂きませんと、手術の成功率が落ちますので、全身の健康のことも考えて是非減らしてみてくださいね。

心臓病の方のリスク

心臓病

過去に狭心症や心筋梗塞の既往がある方は手術に対して注意が必要です。

これらの方は血液の流れをよくするために、ワーファリンとか小児用バファリンなどの血液をサラサラにする薬を飲んでおられます。

インプラントの手術中に出血が止まらなかったらいけませんので、主治医と相談の上で服薬を止められたら止めるに越したことはありません。

対処法

ただ、実際の現場では、そういったお薬を止めなくても、広い範囲ではないインプラントでは、適切な止血処置をすれば、止めなくても実際に止血できますので、主治医の先生に薬を止めるのが難しいと言われた場合などには、飲んでも大丈夫です。

最近ではお薬を飲んでいても手術をする場合が世界的にも増えてきています。

高血圧の方のリスク

高血圧

高血圧の方は、手術中にさらに高血圧になっては困ります。手術の時は緊張もされますし、麻酔薬の中には血圧をあげる成分(エピネフリン)も入っています。

手術中に血圧が180を超えると手術は慎重に行い、もし190を超えると手術は一旦休憩して血圧が下がるのを待ちます。

手術中に出血がひどくなってもいけませんし、手術後に出血が起こってもいけません。 手術中は必ず生体モニターで監視します。

対処法

1. 血圧を下げるためには、患者さんの緊張をやわらげるための精神安定薬を飲んで頂きます。セルシンとかデパスというお薬です。

2. また、笑気ガスという気体を鼻から吸って気分を落ち着かせる笑気麻酔をします。笑気麻酔はすごく簡単で、ガスを吸うのをやめれば、直ちに麻酔からさめます。

3. どうしても心配な方は、麻酔科医に帯同してもらって点滴麻酔をすれば完璧です。

脳梗塞の方のリスク

過去に脳梗塞をわずらっても、現在症状がなく主治医の下で不通に暮らしておられる方は、基本的に大丈夫です。

ただ、血液をさらさらにする薬を飲んでおられる方もおられます。

対処法

そんな方は、インプラントの手術の時には、一時的に休薬するに越したことはありません。

ただ、最近実際の現場では、適切な止血処置をするならば、休薬しなくてもいいと言われており、実際私共の医院でも休薬なしで手術をすることがあります。

主治医の先生とも相談しながら決めることになります。

インプラントのリスクに関するご質問・お悩みなど、
どんな小さなことでも丁寧にお答えしますので、お気軽にご相談くださいね。

Call:0120-505-589
  • 無料メール相談
  • 初診予約
  • LINEで無料相談
手術後のリスク

インプラントの手術が無事終わってもまだリスクはあります。

インプラントが
骨と引っ付かないリスク

インプラントが骨と引っ付くまでは、1〜4か月かかります。

その間に、インプラントに固い食べ物にふれたり、大きな力がかかったり、ばい菌の感染などにより、引っ付かない事が実際にあります。

対処法

インプラントと骨が完全に引っ付くまでの間は、インプラントに負荷がかからないようにする。(インプラントに負荷をかけない期間のことを免荷期間といいます)

長持ちするかどうかのリスク

せっかくインプラントをしても、長持ちしないこともあります。インプラントがだめになる最大の理由は歯周病です。

インプラント周囲炎

対処法

インプラントが歯周病にならない為には、インプラントの部分の歯磨きの仕方を歯科医から十分に聞いて確実に行うことが重要です。

また、定期的なメンテナンスを受けて、インプラントはもちろん、他の天然の歯も歯周病や虫歯から守ることもすごく重要です。

インプラントが
噛めない、動く、折れるリスク

インプラントの治療が終了したのに、うまく物が噛めず、お食事しづらいことがあります。

また、インプラントのネジがゆるんで、インプラントのかぶせ物が動いてしまったり、場合によっては、折れてしまうこともあります。

インプラント

折れてしまったインプラント

対処法

かぶせ物の形は非常に重要です。インプラントがかめなければ意味がないです。かぶせ物の形に詳しい歯科医を選ばないといけません。

インプラントのネジは、ネジを締め付ける時の力が弱いとゆるんでしまいます。適切な力は、インプラントの種類によっても違いますが、確実に締めることで対処できます。

また、インプラント自体が折れてしまうこともありえますが、その原因は、インプラントが細すぎたり、力がかかり過ぎたりすることです。

そうならないような、手術前の設計をしっかりできる歯科医を選べば大丈夫です。

大阪 北大阪インプラントセンター
総院長 松本正洋

インプラントのリスクに関するご質問・お悩みなど、
どんな小さなことでも丁寧にお答えしますので、お気軽にご相談くださいね。

Call:0120-505-589
  • 無料メール相談
  • 初診予約
  • LINEで無料相談