入れ歯とインプラントとの比較

入れ歯にした場合

入れ歯にした場合の利点欠点

音量を調整してご覧ください

利点
● 一般的な治療のため、比較的簡単に治療が受けられる。
● 取り外しが出来るため、自分では歯磨きが困難な方は衛生的。

欠点
● 形状が合わないと口の中で動きやすく、痛みが伴う事がある。
バネの架かる歯は負担が大きく、数年でぐらぐらしてくる。
● 食べ物カスが残りやすく、口の中が不衛生になりやすい。
● 硬いものやお餅など、噛むのに苦労する。(噛む力が出にくい)
● 発音しづらくなる事がある。
● 取り外して手入れをする必要がある。



上記の留意点(短所)を改善した治療方法
↓


インプラントにした場合

インプラントにした場合




利点
自分の歯のような感覚で噛む事ができる。
● 噛む力、味覚が低下しない。
歯に金具をひっかけるタイプの入れ歯と違い、両隣の歯に負担をかけることがない。
● 審美性が良好。
● インプラントがしっかり固定すると、顎の骨がやせるのを防ぐ事ができる。

欠点
● 歯を抜く場合と同程度の手術が必要。(大きな欠点ではない。)
● 体質や疾病(重度の糖尿病など)によっては治療ができない場合がある。
● 費用がかかる。
入れ歯より、日にちがかかる(即時荷重インプラントは別)。ただし回数は変わらない。

入れ歯の利点・欠点

歯の型取りをして、技工士さんが入れ歯を作り、口の中にはめる。それが入れ歯です。入れ歯にもメリットとデメリットがあります。

入れ歯の利点

入れ歯の利点は、まず、比較的簡単に治療が出来るということです。小さい部分入れ歯であれば、型取りをして作って入れるだけですので、比較的簡単に作れます。

ところが、実際には大きい入れ歯や総入れ歯は、作るのが難しいです。

例えば総入れ歯で、ぴったりして違和感も少なく、硬い物も噛める入れ歯を作るのは、実際にはかなり難しいのですが、部分的な小さい入れ歯であれば、比較的簡単に治療はできます。

2番目に、入れ歯は、ブリッジのように両隣の歯を削らなくていい。バネをひっかける必要はありますが、歯を削るわけではないので、歯を削ることは免れる、という利点があります。

3番目として、保険も当然ききます。こういうメリットがありますので、入れ歯という選択肢も当然考えられます。

入れ歯の欠点

違和感が強い

入れ歯には欠点もあります。まず、口の中でがさつきやすく違和感が強い。

これは、入れ歯の違和感にはいくつか種類があり、単純に大きさが大きいこと、厚みが分厚いこと、それに加えて、少しがたつくということも、違和感になります。

もちろんぴったりした入れ歯はがたつきにくいですが、全くがたつかない入れ歯というのは、実際には少ないです。

硬いものが噛みにくい

2番目に、硬いものが噛みにくい。これは、実際にぴったり合った入れ歯であれば、硬いものでも噛めます。

噛めますけれども、ぴったり合った入れ歯であっても、天然の歯の5分の1しか噛む力が出ません。5分の1でも力が出たら、噛めるのは噛めますけれども、そうはいってもやはり噛みにくいという問題が残ります。

発音がしづらい

3番目に、発音がしづらくなることがある。これは上顎の入れ歯で、分厚い場合、ベロの動く範囲が減りますから、発音しづらくなるということがあります。

取り外して洗う必要がある

4番目として、外食中でも取り外して洗わなければいけない。せっかくご家族ご友人で外食に行ったのに、入れ歯の間に物が挟まって、席を外して洗いに行かなければならないということが、どうしても起こります。

入れ歯を外すと老けて見える

5番目は、入れ歯を外すと顔がしぼんで老けて見える(人相が変わる)ということです。

総入れ歯の方もそうですが、総入れ歯を外してしまうとその瞬間に顔がくしゃっとしてしまって、唇の上に縦じわが寄ったりして、人相が変わってしまうということがあります。

口臭の原因になる

6番目として、あまり皆さん気づいておられませんが、臭いがつきやすく、口臭の原因になるということがあります

入れ歯は樹脂で出来ています。樹脂はプラスチックです。プラスチックは吸水性があって水を吸いますから、どうしても臭いが付きやすいです。

これはご自分では気づかれずに、お孫さんに指摘されて気付かれる方も多くおられます。

バネのかかる歯は負担が大きい

7番目に、バネのかかる歯は負担が大きく、数年でぐらぐらしてくる。

この入れ歯は、両サイドの歯にバネをひっかけることによって機能しておりますので、この両サイドの歯にどうしても負担がかかります。

そのため数年でぐらぐらしてきて、グラグラすると、余計に歯周病のばい菌も感染しやすくなって、抜けやすくなるということになります。

日本人が歯を失う原因の1番目は歯周病です。2番目は虫歯と言われており、これは事実ですが、内容は少し違います。

なぜ歯周病が1番かというと、例えば入れ歯の場合には、歯にばねをひっかけたために歯がグラグラになって抜いた場合に、歯科医師はカルテに原因は歯周病と書きます。

厚生労働省はそれを統計するため、歯周病が歯を失う原因の1番ということになっています。

しかし実際には、統計上には出てきませんが、入れ歯の土台になってグラグラになった、あるいはブリッジの土台・支台になってグラグラになったから抜かなくてはならないというのは、実際には歯を抜かなければならない原因として、多くあります。

インプラントについて

インプラントや入れ歯についてのご質問・ご相談は無料初診カウンセリングでドクターが詳しくお答えいたします。お気軽にご予約ください。無料の電話相談やWeb診断も行っていますのでご利用ください。

無料電話相談・初診相談予約は0120-505-589(歯科センター相談窓口)までお電話ください。インプラントについてのご相談はこちらから 無料インプラント市民公開講座 無料Web診断・無料メール相談 無料初診相談のご予約

実績豊富  初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

説明会

無料Web診断(無料診断コーナー)

総院長 松本正洋


総院長の松本正洋が、あなたの場合の治療費治療方法治療期間をお答えさせていただきます。

インプラント治療に関するご質問・ご相談がおありですか?

無料電話相談にいただいたご質問は、専任のカウンセラーがお答えします。

前歯を差し歯にしていたのですが、前顎の骨が炎症して無くなったので今の差し歯を取り除き、入れ歯を作りました。この方法しか手立てはありませんと言われました。毎日取り外す事が必要でとても大変です。インプラントは骨がない状態では無理でしょうか。詳細教えてほしいです。よろしくお願いします。(大阪府箕面市 OM様)

以前に入れ歯を作ったことがありますが、うまく話すことが出来ず(とくに”さしすせそ”の発音が出来ない)使用することをやめた経験があります。インプラントは入れ歯と違って発音に影響はないと聞きましたが本当でしょうか。(大阪府茨木市 GU様)

今緊急をようするのは、右下5番のかぶせが取れて歯の根っ子がわれているので抜かないといけないと言われていることです。抜く方法もインプラントにするかどうかによって抜き方が違うといわれました。ブリッジにしたら隣の歯もけずらなくてはいけないし、入れ歯は自由診療なら金具がない入れ歯があると聞きました。私の骨がインプラントに適しているかどうかも不安だし色々と検討中です。(大阪市大正区 OD様)

抜歯して入れ歯になったらご飯がたべられず、滑舌も悪くなり、不便な日々を送っています。インプラントにすれば抜歯前のような感覚で生活出来ますか。(大阪府堺市 SH様)

歯周病で数年前に歯を抜きました。入れ歯にしましたが、金具が前歯にかけてあり見えるので次第につけなくなり、現在は全くつけていません。そのせいか歯並びが悪くなり、噛み合せが悪くなりました。きれいな歯にしたいと思います。インプラントの痛みや失敗もあるのかどうかなどためらいがあります。診断予約したいと思っていますが、その前に治療法など教えていただければと思います。よろしくお願いいたします。(大阪府寝屋川市 TK様)