松本正洋のインプラント苦労話

私が医師になって初めてインプラント治療をしたのは、私が大学を卒業した年の平成元年でした。

その当時はインプラントはまだ世間では研究段階といわれ、同業の歯科医師からもインプラントなんてまだ信頼性がないなどとさんざん言われました。

そのころのインプラントは今のようなチタンが主流ではなく、サファイアインプラントと呼ばれるセラミック系統の素材のインプラントが主流でした。

そのため、インプラントと骨とのひっつき具合が悪く、そういう風評が立ったのかもしれません。(現在ではチタンが主流です。)

患者さんからも、インプラントは大丈夫かということを言われたり、結構苦労しました。

ただ私はその当時からチタンインプラントをしておりましたが、チタンは骨とのひっつきが非常によく、世間の風評がまったく信じられませんでした。

ただ、そんな逆風の中でも毎週のように講習会や学会に行き、新しい知識を身に付けてきました。

その当時の苦労も今となっては大変勉強になりました。また、今インプラントのことを悪く言う人はほとんどいなくなりました。

インプラントという治療行為が社会的にも認められたということです。世界的にもインプラントは認められており、私としては大変うれしく思っております。

インプラントは私にとっては、仕事ではありますが実際には趣味のような感じです。日夜、色んな治療法を考え、思いをめぐらすのが楽しいです。仕事と趣味が一緒って最高ですね。

総院長紹介ページ→

インプラントについてのご質問・ご相談は無料初診カウンセリングでドクターが詳しくお答えいたします。お気軽にご予約ください。無料の電話相談やWeb診断も行っていますのでご利用ください。

無料電話相談・初診相談予約は0120-505-589(歯科センター相談窓口)までお電話ください。インプラントについてのご相談はこちらから 無料インプラント市民公開講座 無料Web診断・無料メール相談 無料初診相談のご予約

実績豊富  初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

説明会

無料Web診断(無料診断コーナー)

総院長 松本正洋


総院長の松本正洋が、あなたの場合の治療費治療方法治療期間をお答えさせていただきます。

他の医院でインプラントをしたんですが、歯ぐきを増やす手術を自分の口の中の組織を使ってすると言われました。人工のものを使う方法はないのでしょうか。

インプラント治療費が高額なので一括払いができません。分割払いは可能ですか?可能でしたら期間等も教えて頂けますでしょうか?

歯医者での治療中に口を長い間あけているのが辛くて、なかなか治療をする事ができずに虫歯がひどくなってしまっています。ひどい所だけでも治したいと思っていますが、インプラントで1本治すとしたらいくらぐらいですか。