インプラントQ&A 治療前のよくあるご質問

質問11
金属アレルギーですがインプラントできますか?
一覧に戻る

金属アレルギーは全ての金属で起こるわけではなく、金属にはアレルギーを起こしやすい金属と起こしにくい金属があります。起こしやすい金属はコバルト・ニッケル・クロムなどです。起こしにくい金属はチタンなどです。

保険の銀の詰め物で金属アレルギーが起きるという話を聞いたことがあるかもしれません。銀歯には銀合金やアマルガムなどの金属がつかわれており、アレルギーを起こす可能性があります。

しかし、インプラントは純チタンのため、生体親和性が高く金属アレルギーの心配はまずありません。また、チタン表面は、酸化膜でおおわれ、不動態といって、金属がもつ化学反応性を失った状態になります。また、活性水素を放出し、細胞の酸化を防ぎ制ガン作用ももつ唯一の金属です。

チタンアレルギーのある方は治療を受けることはできませんが、チタンアレルギーの方は極めて少ないので一般的には大丈夫と言っていいでしょう。当センターでは1例も経験しておりません。チタンアレルギーが疑われる場合は、皮膚科によるパッチテスト等をお受けください。

金属アレルギーやインプラント治療についてのご質問・ご相談は北大阪インプラントセンターへ。大阪市梅田、なんば、豊中市、吹田市、神戸市(三宮駅前)に合計8院あります。

お電話での予約・無料相談はこちら
ネットでの予約・無料相談はこちら

禁無断転載・使用 この回答は松本正洋のオリジナルの回答ですので、内容の無断転載を禁止します

一覧に戻る