インプラントQ&A 治療前の不安や疑問

質問11
歯周病でも大丈夫ですか?
一覧に戻る

歯周病の方でもインプラントはできますが、ある程度歯周病を治してからインプラントをする方がいいです。歯周病をある程度コントロールしておかないとインプラント治療後に歯周病になってしまうかもしれないからです。

ただ、歯周病の治療と並行してインプラントを行うこともよくあります。その場合は、インプラントが骨とくっつくのを待っている間に歯周病の治療をしていきます。

インプラントはあごの骨がしっかりあるかということが重要になってきます。歯周病は歯肉炎と歯周炎を総称した疾患です。

以前は歯槽膿漏とも言われていました。プラークという細菌の塊が歯肉の炎症を引き起こし、進行するとあごの骨を溶かしてしまいます。

インプラントは治療前にあごの骨が十分にないと手術ができません。

また治療後に歯周病になってしまうと埋入したインプラントが抜け落ちてしまうことがあります。治療前も治療後も歯周病にならないようにすることがインプラントを長持ちさせることにつながります。

インプラントの治療や歯周病についてのご質問・ご相談は北大阪インプラントセンターへ。大阪市梅田、なんば、豊中市、吹田市、神戸市(三宮駅前)に合計6院あります。

お電話での予約・無料相談はこちら
ネットでの予約・無料相談はこちら

禁無断転載・使用 この回答は松本正洋のオリジナルの回答ですので、内容の無断転載を禁止します

一覧に戻る

歯周病とは

歯周病は歯の表面につく歯垢(プラーク)によっておこる歯の周りの病気のことです。歯肉の炎症により出血、腫れを起こす歯肉炎と、歯周組織(歯肉、セメント質、歯槽骨、歯根膜)が破壊される歯周炎に分けられます。むし歯とは違い、歯の形が壊れていくのではなく、歯を支えている周囲の組織が壊れていく病気です。

他の歯科医院でしてもらった治療なんですが、虫歯の神経を取って銀のかぶせ物をしているところのかぶせ物がしまいました。取れたところをみると中がボロボロになってしまっていました。治療したところなのにこんな風になってしまうものですか。これからの治療としてはどのような治療になるのでしょうか。(大阪市天王寺区 F.O.様)

セラミックにしている奥歯についてのご相談です。その歯の歯茎が腫れてきて、いつも診てもらっている歯医者さんへ行ったのですが、根元が割れている可能性があるそうで、インプラントをすすめられました。その先生の言うとおり歯の根元が割れていてインプラントをするのが本当に一番いい方法なのかがわかりません。ほかの方法はないのでしょうか。診ていだかないとわからないと思いますが、わかる範囲で教えていただけますでしょうか。(大阪市福島区 T.I.様)