Q&A 治療中の不安や疑問

質問36
スプリットコントロールってどんな手術ですか?
一覧に戻る

スプリットコントロールとはインプラントの手術の際に、骨が足りない場合に行う方法の一つです。

歯を失って時間が経っていたり、入れ歯を長く使用しているとあごの骨がやせてとインプラントを埋入するための骨の幅が足りないことがあります。

骨の幅を増やす為には、色々な方法がありますが、従来の方法は、骨ノミと呼ばれる器具で、骨を半分に割り、そこにインプラントを埋め込んでいました。この従来の方法は骨にダメージを与えやすいことと、患者さんに手術中、不快感を与えるという欠点がありましたが、最近、ドイツのジンマーデンタル社から非常に優れた手術器具が開発されました。

それが、スプリットコントロールと呼ばれるものです。そのやり方は、高精度のスクリューにより、骨を押し拡げ(スプレッティング)、さらに骨を圧縮(コンデンシング)するというものです。この方法を使うことにより、GBR法等の骨造成法よりも、確実に骨幅を増やすことができるようになりました。

この方法は、ほとんどの脆弱な骨にも適用できます。また、あらゆるルートフォームインプラント(歯根形状インプラント)システムに対応できます。

スプリットコントロールやインプラントの手術についてのご質問・ご相談は北大阪インプラントセンターへ。大阪市梅田、なんば、豊中市、吹田市、神戸市(三宮駅前)に合計6院あります。

お電話での予約・無料相談はこちら
ネットでの予約・無料相談はこちら

禁無断転載・使用 この回答は松本正洋のオリジナルの回答ですので、内容の無断転載を禁止します

一覧に戻る

歯のことで悩んでいます。歯医者さんが怖くてなかなか行けずに何本も歯が抜けてしまいました。歯が抜けているので人前に出るのが恥ずかしいです。新しく仕事が決まりそうですがこのままでは仕事にも支障が出るし治したいと思っています。きれいに治すとしたら結構高くなってしまいますよね。医療費控除も受けられますか?(大阪市鶴見区 E.Z.様)

永久歯に生え変わっていなかった歯がグラグラしてきたので抜きました。ブリッジにする方向で治療をしてもらっていたのですが、値段が結構高額でこれならインプラントにした方がいいかもしれないと考え始めました。今はまだ仮歯の状態ですが、土台になる歯を少し削ってしまっています。こんな状態でも治療方法を変えることはできますか?セカンドオピニオンで一度ご相談に伺ってもいいでしょうか。(大阪府高槻市 Y.O.様)

はじめまして。インプラントをして神経を傷つけたというのを見て怖くなったのですが、このようなトラブルはよくあることなのでしょうか?神経を傷つけてしまうとずっと治らないのでしょうか?歯を治したいのですがいろいろと不安や心配があります。よろしくお願いいたします。(大阪市港区 Y.Y.様)