Q&A 治療後の不安や疑問

質問22
インプラントを長持ちさせるには?
一覧に戻る

インプラントは歯周病にならなければ、かなり長期間持ちます。

全国平均では、インプラントの10年後の生存率は95%で、インプラントが駄目になるほとんどの原因は歯周病です。

歯周病にならないためには、メンテナンスが重要になります。当センターのメンテナンスの具体的な内容をご説明します。

当院のメンテナンス

  • 3〜4ヶ月に一度ご来院頂きます。
  • お口の中をチェックします。歯ブラシはちゃんとできておられるかどうか、インプラントや天然歯の周りに歯垢、歯石がついてないかどうか、歯周ポケットが形成されてないかどうかを検査します。
  • もし、歯磨きに問題があれば、歯磨きの仕方をもう一度確認し、ご説明します。
  • 歯石がついておれば、おとりします。
  • 歯周ポケットが形成されていれば、歯周病の治療になります。
  • 特に異常がなければ、歯のクリーニング(PMTC)をします。
    歯のクリーニングは、歯周病予防にとても効果があります。
    費用は3000円〜1万円程度です。必要に応じてレントゲン撮影をした場合は、プラス1000円くらいになります。
 

これらのことを、定期的に継続してすることにより、インプラントやご自身の天然の歯を守ることができます。残ってる歯の本数と平均寿命には相関関係があります。いつまでも、健康な状態で長生きを目指して頂きたいと思っております。

インプラントの治療後のメンテナンスについてのご質問・ご相談は北大阪インプラントセンターへ。大阪市梅田、なんば、豊中市、吹田市、神戸市(三宮駅前)に合計6院あります。

お電話での予約・無料相談はこちら
ネットでの予約・無料相談はこちら

禁無断転載・使用 この回答は松本正洋のオリジナルの回答ですので、内容の無断転載を禁止します

一覧に戻る