Q&A 治療後の不安や疑問

質問29
インプラントはどのくらい持ちますか?
一覧に戻る

インプラントの10年後の生存率は、全国平均で95%程度です。当センターでは、98%です。

私が初めてインプラントをしたのは1989年ですが、その方のインプラントは今もしっかり機能しています。

インプラントがだめになる最大の原因は歯周病です。
インプラントは虫歯にはなりませんが、それ以外の条件は天然歯と良く似ており、プラークコントロールが重要になります。

そのためインプラントを長くもたせるためには歯科医院での定期検診に必ず来て頂き、インプラント周囲の粘膜に炎症が起こっていないか、噛み合わせは大丈夫か等のチェックを 受けることが大切です。

当センターでは定期健診の時にお口のクリーニング(PMTC)を行っております。プロの行うクリーニングは歯周病予防にかなり効果があります。インプラントだけではなく、ご自身の天然の歯を長持ちさせる為にも、ぜひ定期健診は受けられて下さい。

インプラントの寿命や術後のケアについてのご質問・ご相談は北大阪インプラントセンターへ。大阪市梅田、なんば、豊中市、吹田市、神戸市(三宮駅前)に合計6院あります。

お電話での予約・無料相談はこちら
ネットでの予約・無料相談はこちら

禁無断転載・使用 この回答は松本正洋のオリジナルの回答ですので、内容の無断転載を禁止します

一覧に戻る