CT - 北大阪インプラントセンター 総院長 松本正洋の「インプラントの教科書」

CTについて

CTとは

CTスキャナー(X線コンピュータ断層撮影装置)は、
ヒトのアゴの内部を3次元で撮影することが出来る装置です。

安全な治療を行うためには欠かせません。

人のアゴには下顎管と呼ばれる管があり、神経や動脈や静脈が通っています。

万が一、この管を傷つけてしまったら、マヒを残してしまったり、大出血をします。 そのような事態を確実に避けるために、患者様のアゴを立体的に撮影し、インプラントを埋め込む位置を確認します。

歯科医もプロですから、下顎管の位置はおおよそ見当がつきます。

しかし、それですと手術の際に、下顎管を傷つけないあまりに浅く埋め込むしかなくなります。

CT撮影で下顎管の位置をしっかり認識できれば、インプラントを最適最良の位置と深さで埋め込むことができます。

サンプル画像
 

ページトップ

 

レントゲンとCTの違い

レントゲンは平面撮影しかできませんが、CT撮影は、ヒトのアゴの内部を3次元で見通すことができます。

CTスキャナーは非常に高価な機械で、3,000〜4,000万円位します。

そのような設備を備えている医院は稀ですので、インプラント治療に対する本気度が高いと言えるでしょう。

ページトップ

 

CT撮影によって危険を回避したケース

骨が不足しているケース

レントゲンでは何の問題もなく、骨がたくさんあるように見えました。

それをCT撮影したところ、写真のように骨がとがっており、インプラントを植えられる状態ではありませんでした。

もし、CT撮影をせずに手術をしていれば、歯ぐきを切開した後に、手術を中断せざるをえない状況でした。

もちろん、このような状況でも骨を太らせる方法はありますが、骨を太らせた上での再手術となりますので、患者さんに何度も負担を強いる事になります。

サンプル画像

歯ぐきの奥に余剰な歯があるケース

過剰歯と呼ばれる歯ぐきの奥に余剰な歯がある場合です。

これもレントゲンではなかなか見つける事ができません。

過剰歯があるとそこにインプラントを埋め込むことができません。

サンプル画像

神経を回避して大事故を防げたケース

再手術よりもっとリスクが大きいのは、事故の起こる危険です。

写真の点線の部分に小さな「ひだ」がありますが、これは神経の枝分かれしている部分です。

このような患者様は実に1%の確率でいます。

もし、CT撮影せずに手術をしていれば、枝分かれした神経をドリルで傷つける恐れがあったでしょう。

小さな枝分かれでも、傷つけると半年ほどは神経が麻痺して、ほっぺたや唇の感覚がなくなります。

サンプル画像

オトガイ下顎脈が走っているケース

最も危険な事例です。

CT撮影によって、「オトガイ下動脈」という動脈が走っているのが判明しました。

このような患者様の確率は1%で、見落としてしまうと手術中にドリルで傷つけ、大量出血の事故につながります。

サンプル画像
 

ページトップ

 

歯科用CTの被ばく量

CT撮影の被ばく量は、胸のレントゲンを撮影するのと同等の大変少ないレベルです。

数値は、0.19mSv(ミリシーベルト)で、この量は、東京、ニューヨーク間を飛行機で往復した際に、自然に受ける放射能量と同じです。

普通の総合病院で、同じアゴの部位のCT撮影をすると、その被ばく量は20倍にもなりますが、歯科用CTは非常に被ばく量が少ないのです。

ページトップ

 

実績豊富  初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

説明会
おすすめの書籍

インプラントの正しい知識と
歯科医の選び方

インプラントの正しい知識と歯科医の選び方

インプラントをしようと思ったときに読む本。累計1万本のインプラントを成功させた医師が語る

  著者 松本正洋
おすすめの書籍の詳細はこちら

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00