疑問解消 - 北大阪インプラントセンター 総院長 松本正洋の「インプラントの教科書」

疑問解消

手術当日にしていいこと・いけないこと

食事

手術当日に食事をして良いか?答えはイエスです。

ただし、インプラントを埋めた反対側の歯で食べましょう。

歯ブラシ

インプラントをした1週間から10日は控えた方が良いでしょう。

手術をした周辺部位はデリケートです。歯ブラシが当たると傷口を縫い合わせた糸がほつれてしまう事があります。

食後と寝る前に専用のうがい薬でゆすいでいただければ良いでしょう。

手術部位以外は傷口に当たらないように十分注意しながら歯磨きをしてください。

入浴

当日はなるべく避けてもらった方が良いでしょう。

一つ目の理由は、口の中を感染させるリスクを回避して欲しいからです。

二つ目の理由は、長風呂や熱いお湯で血流を活発にしてしまいますので、痛みや出血を引き起こすからです。

軽いシャワー程度ですませましょう。

飲酒

当日はなるべく避けてもらった方が良いでしょう。

入浴と同じ理由で、血流を活発にしてしまいますので、痛みや出血を引き起こすからです。

運動

当日はなるべく避けてもらった方が良いでしょう。

入浴と同じ理由で、血流を活発にしてしまいますので、痛みや出血を引き起こすからです。

喫煙

傷口の治りを遅らせるので3日くらいは控えましょう。

ページトップ

 

治療期間と通院回数

治療期間

一般的に、下アゴで約3カ月半、上アゴで約4カ月半です。

特殊な手術が伴う場合はプラス1〜6カ月かかると考えてください。

通院回数

1回法と2回法で異なります。

1回法というのは、主に簡単なケースの治療方法で、インプラントの頭の部分を出した状態で手術を終えます。

2回法は、前歯の場合や特殊な手術をした場合、インプラント本体を一旦歯ぐきの中にしまって、後日、インプラントの頭の部分を出す手術を行います。

【1回法】

「検査・手術・消毒・型取り・試適・かぶせもの装着」の計6回程度の通院が必要となります。

【2回法】

さらに2次手術などが伴い、プラス1回の計6回程度の通院が必要となります。

ページトップ

 

アフターケア

インプラント治療は、きちんとアフターケアを行っている医院を選んでください。

手術直後、患者様は不安でいっぱいです。これから何に気をつければいいかわからないからです。

歯科医院の責任として、術後のケアとして、患者様に詳しく説明する義務があります。

アフターケアの内容と費用

インプラントのみならず、ご自分の天然歯と同様にケアを行ってください。

では、具体的にどのような流れかをご紹介します。

  1. 1定期的なご来院

    3〜4カ月に一度、ご来院いただくのが理想です。

  2. 2口の中をチェック

    ブラッシングが出来ているか、歯垢や歯石が付いていないか、歯周病になっていないかのチェックをします。

  3. 3ブラッシング方法のチェック

    もしもブラッシングに問題があれば、正しい方法をご指導します。

  4. 4歯石の除去

    歯石がついていれば、除去します。

  5. 5歯周病の治療

    歯周ポケットが形成されていれば、治療を行います。

  6. 6歯のクリーニング(PMTC)を行う

    特に異常が無ければ、歯のクリーニングをします。

ページトップ

 

治療に付随するトラブル

歯周病

もしも歯周病になったらどうしたらよいでしょうか?

インプラントは言ってみればご自分の歯そのものです。天然歯と同様です。

重度の歯周病になってしまったら、
インプラントを除去しなければならないこともあります。

やはり定期的な健診で防ぐことが出来ます。

かぶせものが壊れる

可能性はゼロではありません。

セラミック系のかぶせものは3%くらいのの割合で欠けたり、割れたりします。

破損に関しては、無償保証期間をさずけているお医院がありますので、どんな保証の取り決めがあるか確認することも大切です。

手術後の外見の問題

手術直後、晴れたりアザになったり、外見上の問題が出てしまいますか?

というご質問は女性の患者さんに多いです。

たしかに手術直後は多少腫れることがあります。これは、外科的に刺激を加えた反応によるものです。

腫れる確率は3〜5%ですが、約1週間でおさまります。

また、「手術後、かぶせものが完成するまで、歯が無い状態なのでしょうか?」という質問も良く受けます。

前歯を手術した場合は仮歯を入れますが、奥歯の場合は、ケースバイケースです。

奥歯は噛む力がかかるため、仮歯を入れるとインプラントが骨と結合するのを妨げるおそれがありすます。
しかし、どうしてもという希望があれば仮歯を入れますので治療期間中の外見についてもご心配なさらないでください。

人体の影響

将来的にインプラントが人体に何らかの影響を及ぼすのではないか?

と心配される患者様もいらっしゃいます。

インプラントはチタンで出来ていますので、
体に悪影響を起こす可能性は限りなくゼロに近いです。

非常に稀ですが、チタンアレルギーの方がいらっしゃいます。
その方には手術を行いませんので、チタンによるアレルギー症例は現在一例もありません。

チタンという物質は、表面に酸化膜を作ります。
この膜がチタンの化学反応性を失わせ、生体内で安定するのです。

また、ガルバニック電流という、金属同士が触れ合ったときに流れる電流(アルミホイルなどを噛むとピリッとする反応)も生じません。
それは、インプラントにかぶせものが非金属だからです。

ページトップ

 

手術後の5カ条

インプラント手術をおこなった後の注意事項を5つあげます。

  1. 11週間〜10日間は歯磨きを控える

    専用のうがい薬をお渡しします。手術部位以外は歯磨きをしても大丈夫です。

  2. 2処方されたお薬は飲みきる

    ただし、痛み止めは痛みのある時だけで大丈夫です。

  3. 3手術当日は激しい運動、入浴、飲酒を控える

    血流を活発にしてしまいますので、痛みや出血を引き起こすからです。

  4. 4食事は手術をした反対側で噛む

    食事はバランス良くしっかり食べて栄養をつけましょう。体の健康は傷口の早期回復につながります。

  5. 5喫煙は傷口の治りを遅らせるので3日くらい控える

    手術直後の喫煙でインプラントの定着率が大きく左右されます。体の健康は傷口の早期回復につながります。

ページトップ

 

実績豊富  初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

説明会
おすすめの書籍

インプラントの正しい知識と
歯科医の選び方

インプラントの正しい知識と歯科医の選び方

インプラントをしようと思ったときに読む本。累計1万本のインプラントを成功させた医師が語る

  著者 松本正洋
おすすめの書籍の詳細はこちら

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00