インプラントとは - 北大阪インプラントセンター 総院長 松本正洋の「インプラントの教科書」

インプラントとは

インプラントとは

インプラントという言葉を、一度は耳にした事がある方もたくさんいらっしゃるでしょう。

インプラントとは、失ってしまった歯を、人工的に元通りにする治療方法です。

失った歯を治療する一般的な方法に、ブリッジや入れ歯がありますが、インプラントの素晴らしさは、歯の機能が元通りになると言える事です。

インプラントに関する正しい知識を持って、「インプラント手術に対する不安」を消し去りましょう。

ページトップ

 

インプラントの構造

なぜインプラントで歯の機能が元通りになると言えるか、構造からご説明していきましょう。

インプラントは、基本、3つのパーツから成り立っています。

  1. 1インプラント本体(フィクスチャー)
  2. 2土台(アバットメント)
  3. 3かぶせもの(上部構造)

インプラント本体はチタン製の人工歯根です。 これをアゴの骨に埋め込みます。

その上に土台を接合し、セラミックなどの人工歯根をかぶせます。

構造は実にシンプルですが、しっかりと定着した人工歯根が、構造的に強度な感覚をもたらしてくれます。

患者様は何でも噛むようになることができ、専門医の目から見ても、審美的に天然の歯と見分けるのが困難な仕上がりになります。

ページトップ

 

インプラントの手順

下のアゴの歯を2本失った場合

  1. 1麻酔をし、歯ぐきをめくります。
  2. 2骨にドリルで穴を開けます。
  3. 3開けた穴に、インプラント本体を埋め込みます。
  4. 4歯ぐきを閉じます。
  5. 5約3ヶ月後インプラント本体の頭出しを行い土台を取りつけます。
  6. 6土台にかぶせものをして完成。

インプラント本体はチタン製の人工歯根です。 これをアゴの骨に埋め込みます。

その上に土台を接合し、セラミックなどの人工歯根をかぶせます。

構造は実にシンプルですが、しっかりと定着した人工歯根が、強度をもたらしてくれます。

患者様は何でも噛むようになることができ、専門医の目から見ても、審美的に天然の歯と見分けるのが困難な仕上がりになります。

ページトップ

 

インプラントの利点

ブリッジと入れ歯との比較

  • 健康な歯を犠牲にしないため、治療箇所以外の歯に負担をかけない
  • 人工歯根があるので、他の方法に比べ、半永久的に持続する(第二の永久歯と呼ばれる)
  • 人工歯根があるので、アゴの骨がやせない
  • 入れ歯の噛む力は天然歯の約五分の一ですが、インプラントは天然歯と同等に噛む事が出来る
 

ページトップ

 

インプラントの欠点

  • 保険が効かないので費用がかかる
  • 手術が必要なので、治療への恐怖心がある
  • 治療期間がかかる(※治療感覚が空くだけで通院回数は少ない)
  • 病気をお持ちの方は治療が出来ない場合もある

ページトップ

 

実績豊富  初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

説明会
おすすめの書籍

インプラントの正しい知識と
歯科医の選び方

インプラントの正しい知識と歯科医の選び方

インプラントをしようと思ったときに読む本。累計1万本のインプラントを成功させた医師が語る

  著者 松本正洋
おすすめの書籍の詳細はこちら

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00