平成のトップ歯科医密着24時!〜最先端インプラント治療にかける3人〜

紹介する1人目は、医療法人スワン会の鈴木純二氏。東京2ヵ所(銀座・新宿)、名古屋5ヶ所でクリニックを展開し、最先端の治療で活躍中。

2人目は、大阪4ヵ所(梅田・吹田・豊中2院)、神戸三宮でインプラント治療の症例1万本をクリニックで持つ、医療法人真摯会・北大阪インプラントセンターの松本正洋氏。ドクター、歯科衛生士など140人のスタッフと5クリニックを展開中。

3人目は、鹿児島を中心に最新の治療に力を注ぐ、医療法人翔優会よしどめ歯科の吉留英俊氏。自由奔放な高校時代の経歴を持つ、型破りでユニークな医師。彼らの取り組みにぜひ注目してください。(新聞掲載広告より)

平成のトップ歯科医密着24時!松本正洋編

番組ダイジェスト


大阪府吹田市 医療法人真摯会 北大阪インプラントセンター まつもと歯科

1階は受付とキッズルーム。お子さん専用の診療ルームもあります。

2階です。診療用チェアの数は22台で毎日治療にあたっています。

総院長の松本正洋。「インプラント治療を知って、この先歯科診療にとっての切り札となる、そして人類にとって福音となる治療であると直感しました」

これまで4600人以上のインプラント治療に携わってきており、様々な治療法に精通しています。

難易度の高い手術には大学の口腔外科や麻酔科の助教授が加わるシステムを取っています。

大阪駅前第3ビルにある梅田クローバー歯科クリニック。

JR三ノ宮駅、ポートライナー三宮駅から直結のミント神戸にある三ノ宮クローバー歯科クリニック。

阪急豊中駅前のエトレとよなかにあるクローバー歯科クリニック豊中駅前院。

クローバー歯科クリニック豊中本町院。阪急豊中駅から徒歩3分。豊中本町郵便局の隣で、交差点の角にありますのでとても目立つ建物です。

他の歯科医院とは違う治療スタイルは、グループ内の医師34人全員による症例検討会。

患者さんの治療方法等を全員で話し合うというものです。

セカンドオピニオンならぬ34オピニオンです。

「北大阪インプラントセンターには30人以上の歯科医がいますので、全員の頭脳を結集した治療をしたいと思いました」

「世界最先端の治療を習得して、それを関西の皆様にご提供することが使命・理念だと思っています」

3階にあるCTをご紹介します。

小さいだけでなく、放射線の量も少ない歯科用CTです。このCTをグループ全体で4台導入しています。

「CTなしでインプラントをするのは、海図を持たずに航海するのと同じなので、CTは絶対になくてはならないと思っています」

CT撮影をすることによって、立体的に歯の周囲の状況を把握することが可能になります。

神経や血管を傷つけないように手術するにはCTは必要不可欠なものです。

CT撮影で得た情報をもとに、ソフトウェアがインプラントの長さ、太さ、埋入する角度を解析し、インプラントを埋め込むためのガイドを作成します。このノーベルガイドを使って、インプラントを適切な位置に埋め込むことができます。

このノーベルガイドを使うことによって、普通なら1日かかるような手術でも、仮歯を入れるところまでが90分で終わります。

車で通勤中に仕事のこと、趣味のことなどを話します。

「1年を通じて、全く仕事をしていない日は、実質ないと思います。かといって休息を取っていないというわけではありません」

「趣味は学生のときからテニスをやっていますので、テニスは毎週行っています。それは趣味ということもありますが、運動をずっとしないといけないと思っています」

「私自身アンチエイジングを勉強していますので、目標は125歳まで頑張ろうと思っています。そのためにテニスとかジム、ありとあらゆる健康法は自分でやっています」

北大阪インプラントセンター まつもと歯科の朝礼風景です。

患者さんからいただいたメッセージを読み上げます。

職場での倫理観を育てる文章を毎日朗読します。

「職場は自己成長の場であってほしいと思うので、職場での心がけの朗読をやっています。もちろん患者さんのためでもありますが、基本的にはこれはスタッフのためにやっています」

インプラント治療では歯科衛生士の仕事も大きな意味を持っています。患者さんのインプラントを長持ちさせなければならないからです。

患者さんのケアを担当する歯科衛生士。

患者さんのインプラントの状態をデータとしてパソコンに蓄積することで、継続して患者さんのインプラントの状態を管理します。

その結果を患者さんにお渡しすることで、歯に対する患者さんのモチベーションも上がります。

「歯科衛生士の資格が十分に生かせない職場もあったので、今の職場はとても恵まれていると思います」

お子さんのおられる患者さんのための託児コーナーもあります。

専門の保育士が、お母さんの治療中にお子さんをお預かりします。

総院長について。
「新しいものに対するアンテナを院長がすごく張っているので、それらを自分で勉強しに行って正しいものだと判断したら、若い先生にもどんどん研修を受けさせてくれる。そういうことで医院全体のレベルがどんどん上がっていっていると思います」

総院長について。
「スタッフにも、患者さんには当然ですけれども、優しい心配りのある方だと思います。朝の朝礼などでも、細かい気配りについて話されるので、その辺がとても尊敬できるなと思っています」

「新しいものに対して私もアンテナを張っていますけれども、ドクター34名全員で張っているので、情報はかなり早いです」

「疲れた時にピアノを弾くと心が落ち着きます」

「最大の目標は教育システムです。特にドクターを中心とした教育システムを作って、優秀なドクターをたくさん排出する。それが目標・夢です」

本当に信頼できる歯科医とは、という問いに答えたいです。

●新聞各紙に掲載された番組のお知らせはこちらです

北大阪インプラントセンターTOPへ戻る→