治療計画書001 患者さん:大阪府吹田市 男性

●パノラマレントゲン写真

今回の計画は下のインプラントは妥当ですが、上のブリッジについては力学的な問題から予後に不安かあります。

また、現時点で残す方針の歯についてもやはり保存不可能で抜歯が必要であったりあるいは、治療が必要になったり、長持ちしなかったりという可能性があります。

〜標準的なインブラント治療の流れ〜
0.カウンセリング、CT、術前診査

治療の選択肢の中からどのようにインプラント治療を進めていくか検討し、説明させていただきます。
基本的には治療を御理解されて、納得されるまで何度かお話しさせていただきます。骨の状態を確認するためCT画像を撮影する必要があります。

1.インプラントOPE

インプラントの埋め込みの手術です。部分麻酔でおよそ2時間程度です。

術後は「激しい運動、お酒、入浴(シャワーはOK)」は避けていただきます。

また術後は少なからず「腫れや痛み」などが出現しますので、お仕事や日常生活の御予定を考慮して手術日をお考えください。

2.抜糸

術後1週間から2週間ほどで糸をとります。

治療期間 約3カ月
この間に必要があれば他の歯の治療や歯のお掃除をうけていただきます。

3.二次手術

インプラントの頭出しの手術です。部分麻酔で30分程度です。

4.型取り

インプラントの歯の型取りをしますここでかみ合わせの高さが安定しない方は仮歯を作って入れます。

5.高さ合わせ

インブラントの歯の高さ合わせをします

6.試適(仮あわせ)

歯の形や高さを仮合わせします

7.セット

完成した歯を入れます

8.定期健診、メンテナンス

すベての治療が終了したのちインプラントおよび御自身の歯を長くいい状態で維持するために定期健診、メンテナンスを受診していただきます。

治療計画書002 患者さん:大阪市北区 女性

●パノラマレントゲン写真

現在の状態

う蝕(虫歯)、歯同病により多くの歯が失われている状態です。また残っている歯の状態も残念なからあまりよくありません。

問題点

上の歯かほぼすべて状態か悪く、入れ歯もないために噛めない状態です。

治療方針

まず、残っている根は細菌の溜まり場になっているため抜歯してから治癒を待ちます。 その後、固定式のインプラントを検討するか、入れ歯を作るかのどちらかです。

インプラントを検討するにあたってCT画像を撮影していますのでそれに基づいた状態を詳しく説明します。

下の歯についてはまず歯周病治療をしていくことになります。 なんとかご自分の歯で残せるうちは御自分の歯で使っていただきますが、 かなり進行した歯周病のため今後抜歯が必要になってくる可能性が高いです。

CT画像から骨をシュミレーションしてインプラントの入れることのできる部位を模索したところです。 上顎の骨を下からのぞいているところです。丸い印が出ているところがインプラントを良好に埋めれそうなところです。

左上の部分のみ大きく骨がありません。抜歯した後時間か長くたっているために骨が吸収しています。

それ以外のところは比較的骨がありますが、左上の部分が無いことには固定式の歯を作ることができません。

このような場合、人工骨を用いて骨を作ってインプラントを入れる場合(パターン1)と、骨のあるところのみを用いてインプラントを数本入れて、インプラントに磁石装置をつけた取り外し式の入れ歯にする場合(パターン2)とあります。

他にはインプラントを用いずに単純に総入れ歯を作る方法もありますが、おそらく安定しにくく使いづらいものになります。

パターン1
〜固定式の場合 上顎のインプラント治療の流れ〜
1.抜歯、入れ歯の準備、歯周病の治療

インプラントの前に、かみ合わせがほとんどありませんので、まず「仮の入れ歯」を作らせていただきます。 それを用いてもともとあったかみ合わせの高さを再現して、かむ感覚を取り戻していきます。

抜歯、型取り→高さ合わせ→完成の流れで約3回〜4回で作成します。
義歯完成後はしばらく抜歯部分の傷の回復を待ちながら、入れ歯でかむ感覚に慣れていただきます。(約3ヵ月)

2.インプラントOPE1回日

右上と左上奥のインプラントを埋めることが可能な部位にインブラントを5本埋め込み、骨の状態が良ければ、 仮歯を固定します。骨の状態が悪ければインプラントに固定する仮場はやめて入れ歯をそのままお使いいただきます。

術後約2週間で糸を取ります。

3.GBR

左上の骨が無い部分に人工骨を補います。この部分が落ち着くまで約6ヵ月待ちます。場合によっては感染をしたり、良好に骨ができない事もあります。その場合は再度GBRを行うことも予想されます。

4.インプラントOPE2回日

GBRで人工骨を作った部分にインプラントを埋め込みます。1本にするか2本にするかは人工骨の状態により決めます。

5.インプラント二次手術

GBRした部分に埋めたインプラントの頭出しを行います。その後インプラントに固定する最終的な歯を作る作業に取り掛かります。

6.最終補綴物の作成

最終的な歯を作るステッブはおよそ、型取り→位置合わせ→高さ合わせ→フレーム合わせ→仮合わせ→完成の順で進みます。(技工作業の都合で変更あり)

治療期間は1年半から2年近くかかる治療になります。

GBR(guided bone regeneration)とは骨再生療法で、インプラントをいれるための骨をつくる治療法です。

利点

:骨が少ない場所にもインブラントを入れることかできるようになる
:自然な人工歯か装着可能


欠点

:やや手術の侵襲が大きく、腫れる
:感染のリスクがある
:歯が入るのに期間がかかる

安定したインプラントを埋入するためには、骨の幅が足りません。

歯肉の中にメンブレンという人工膜を固定します。

人工膜の中に骨補填剤を入れ膜の内側で骨が再生するのを待ちます。(約3〜6カ月)

骨が安定しましたら、インプラントを埋入します。

パターン1はインプラントで固定式の歯を入れる治療です。しかし骨の無い部分があり、そこにインプラントを入れようと思うと人工的に骨を作る処置が必要になります。

手術が複数回かかるということと、治療期間も長く、入れ歯の期間も必要、また仮歯での期間も同様に長いため途中仮歯が割れたりあるいはインプラントの骨のとの結合が得られない場合はさらに時間がかかることが予想されます。

パターン2
〜インプラントに磁石式装置を用いた入れ歯の治療の流れ〜
1.抜歯、入れ歯の準備、歯周病の治療

インプラントの前に、かみ合わせがほとんどありませんので、まず「仮の入れ歯」を作らせていただきます。それを用いてもともとあったかみ合わせの高さを再現して、かむ感覚を取り戻していきます。

抜歯、型取り→高さ合わせ→完成の流れで約3回〜4回で作成します。
義歯完成後はしばらく抜歯部分の傷の回復を待ちながら、入れ歯でかむ感覚に慣れていただきます。

2.インプラントOPE

インプラントの埋め込みの手術です。部分麻酔でおよそ2時間程度です。入れるところか可能な部位に術後は「激しい運動、お酒、入浴(シャワーはOK)」は避けていただきます。

また術後は少なからず「腫れや痛み」などが出現しますので、お仕事や日常生活の御予定を考慮して手術日をお考えください。

また術後の入れ歯は使いにくくなります。

3.抜糸

術後1週間から2週間ほどで糸をとります。

治療期間 約3カ月

4. 二次手術

インプラントの頭出しの手術です。部分麻酔で30分程度です。

5.型取り

インプラントの型取りをし、マグネット(磁石式の維持装置)を準備します。

6.入れ歯用型取り

入れ歯を作るための型取りをします

7.高さ合わせ

入れ歯の高さ合わせをします。

8.入れ歯の仮合わせ

入れ歯の形合わせを行います。

9.入れ歯の装着

まず磁石なしで入れ歯を使って馴染ませます。

10.磁石の装着

入れ歯の裏に磁石装着します。およそ9ヵ月〜1年程度の治療期間になります。

治療計画書003 患者さん:兵庫県西宮市 女性

●パノラマレントゲン写真

現在の問題点

☆印の部分の歯が欠損しています。

☆(赤)の部分は歯周病が進行しています。

治療方針

前歯を固定式の修復物に変更して全体のかみ合わせの安定をはかります。

治療計画

@左上のブリッジを切断して糸切り歯から糸切り歯までの仮の歯に変えていきます。
A左上の歯がない部分にインプラントを埋め込みます
B左右下のブリッジを外します。歯がない部分にインプラントを埋め込みます。
Cインプラントを埋め込んで約4ケ月後2次手術を行い、仮の歯の製作に入ります。
Dかみ合わせや、かぶせ物の形をにつめます。
E最終的なかぶせ物の型とりをおこないます。
F装着
Gメインテナンスヘ

今回は前歯の部分にインプラントを入れる方法を採用しておりません。理由としては骨を増やさないといけない場合、仮歯の使用に制限が出る可能性があるからです。

また右上に関してはブリッジを外すと奥2本が残せない可能性が出てきます。最初に個々の場所を触ると前歯が完成するのが相当後になりますので現段階では治療計画には含めておりません。

治療費用は上部構造の種類によりリ若干増減いたします。

治療計画書004 患者さん:大阪府豊中市 男性

今の状態

左の前歯が根元でおれています。 隣の歯のかみ合わせが反対になっています。

治療方針

インプラント治療をご希望とのことですので、折れている前歯は抜歯してインプラントを埋め込み新しく歯を作ります。

隣の歯のかみ合わせが反対になっていてこのままインプラント治療を行うとかみ合わせによってインプラント自体にダメージを与える可能性が高いのでインプラント治療の前に反対になっているかみ合わせを改善します。

具体的な治療

@リンガルアーチという矯正装置を使用して反対になっているかみ合わせを改善します(三ヶ月程度)。

A折れている前歯の冠を外して根っこだけになった歯を下の図のメカニズムで引っ張り上げます(一ヶ月程度)。

通常前歯のインプラント治療では骨歯茎ともにボリュームが足りません。

そのため骨を 増やしたり違うところから歯茎を移植したりと何かと身体的に負坦の大きい処置を伴いますが、この処置を行うことによって骨、歯茎ともにポジユームがアップします。また抜歯も非常に容易になります、

B3ヶ月後抜歯を行い。インプラントを同時に埋め込みます

C3ヶ月後インプラントの2次手術を行います

D型採りを行います。

E試適をおこないます。(製作したものが正確にできているかの確認です)

F被せもの装着

以上治療期問は1年程度を予定しています。

尚、歯の移動は動き方に個人差がありますので治療期間はあくまで一般的なものです。実際には前後する場合があります。

治療計画書005 患者さん:大阪府箕面市 女性

●パノラマレントゲン写真

現在の問題点

抜歯が必要な歯 ☆
根の治療が必要な歯 ★赤
虫歯の治療が必要な歯 ★青

治療計画)

@抜歯が必要な歯の抜歯、歯同病の治療(歯石とり)

A右下インプラント埋め込み

B抜歯後4ヶ月で左下インプラント埋め込み

C下のインプラントの仮歯の作成

Dインプラントの型取り

Eかぶせ物の試しづけ

F装着

Gメインテナンス

※期間は約半年程度です。

※個人情報保護のため、地域名、固有名詞は変更している場合があります。

治療計画書6〜10へ→


インプラントについてのご質問・ご相談は無料初診カウンセリングでドクターが詳しくお答えいたします。お気軽にご予約ください。無料の電話相談やWeb診断も行っていますのでご利用ください。

無料電話相談・初診相談予約は0120-505-589(歯科センター相談窓口)までお電話ください。インプラントについてのご相談はこちらから 無料インプラント市民公開講座 無料Web診断・無料メール相談 無料初診相談のご予約

実績豊富  初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

説明会

無料Web診断(無料診断コーナー)

総院長 松本正洋


総院長の松本正洋が、あなたの場合の治療費治療方法治療期間をお答えさせていただきます。

インプラント治療に関するご質問・ご相談がおありですか?

無料電話相談にいただいたご質問は、専任のカウンセラーがお答えします。

2本抜歯しました。その後の処置として入れ歯かブリッジをすすめられています。インプラントをしたいと申し出たところ、抜いたところが治るまで時間があるので、よく考えてくださいと言われました。費用は30万円くらいといわれており、金額的には納得しています。ただかかりつけの先生のところにはCTがないため、CT撮影ができるところを紹介すると言われ、ここで手術を受けても良いのかどうか少し不安になっています。(堺市堺区 MO様)

保証期間が10年とありますが、メンテナンスにきちんと通って指導どおりにしていたのに歯周病でもたなくなることはないのでしょうか。その場合にも保証はききますか。(大阪市北区 IS様)

右下6が欠損していて5−7にブリッジを渡しているが、長年の経過の中で歯茎がはれて痛みがひどい。抜本的な対策としてインプラントを希望しています。一方で、金額面で躊躇しています。(大阪市福島区 MT様)

むし歯治療のかぶせ物(銀歯)の根元が折れて炎症を起こしています。歯医者さんによると抜歯後インプラントが一番良いとのことでした。ネットで体験談などを見ると確かにインプラントは良さそうに感じます。値段が高いのもしょうがないかなという感じです。思い切ってインプラントにしたいと思うのですが、治療期間は相当長くかかるのが普通なのでしょうか。(大阪市北区 OK様)