治療計画書014 患者さん:大阪市天王寺区 女性

≪主訴≫ インプラントがしたい




これは以前来院されたときに撮影したレントゲンです。
向かって右側が実際の左側で向かって左側が実際の右側になります。
下は現在、総入れ歯をつかっておられます。

今回、下にインプラントをいれたいとのことで来院されました。
実際、口腔内(お口の中)をみただけではインプラントができるかどうかを診断するのは難しいのでCTを診て診断させていただくことになりました。

次に順にCT画像画像をみていきます。

●右下相当部




●左下相当部




これらのCT画像を見る限りでは上の方の骨はものすごく細くなっていますが下の方はインプラントができるくらいの骨がありそうです。前歯のあたりにはインプラントをいれるための骨がありそうですが、奥歯にはインプラントをいれるだけの骨はありません。
そのため、インプラントだけで歯を支えるのは難しいように思われます。

次のような治療のパターンをご提案します。

≪治療パターン≫


1、前歯の骨がしっかりある部位にインプラントを2、3本入れてそれに磁石を付ける。現在使っている入れ歯にも磁石を入れて、それで入れ歯か動かないようにとめる。


⇒これは今後、MRIなどの検査をうけるときにはインプラントにつけている磁石を一時はずして、検査か終了したら再びインプラントにとめることが可能になります。
これをすると格段に下の入れ歯は食事のときも動いたりしなくなります。

○治療期間
 @インプラント埋入オペ
 A次の日に消毒
 Bオペ後1週間から10日後に糸抜き
 C2、3ケ月後にインプラントに磁石をつけます。
 →トラブルがなければはやくて約2、3ケ月後には治療か終了します。

費用は別紙にて説明します。

2、インプラシトを4から6本入れて取り外しをしないような歯をつくっていく。


⇒これは、できあがる歯が長くなります。また、奥歯が入れ歯よりも短く手前までしか歯が並べれないことが考えられます。

○治療期間
 @インプラント埋入オペと同時に仮歯をいれる。ただし、インプラントと骨との結合が弱ければ、その日は今までと同じ入れ歯をいれてしばらく使うことになります、
 A次の日に消毒
 B1、2週間後に糸抜き
 C約6ケ月後に本歯を作るための型取りなどをしていきます。
 →トラブルがなければ約8ヶ月後に本歯がはいることになります。


別紙にて費用は説明します。

※個人情報保護のため、地域名、固有名詞は変更している場合があります。


インプラントについてのご質問・ご相談は無料初診カウンセリングでドクターが詳しくお答えいたします。お気軽にご予約ください。無料の電話相談やWeb診断も行っていますのでご利用ください。

無料電話相談・初診相談予約は0120-505-589(歯科センター相談窓口)までお電話ください。インプラントについてのご相談はこちらから 無料インプラント市民公開講座 無料Web診断・無料メール相談 無料初診相談のご予約

実績豊富  初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

説明会

無料Web診断(無料診断コーナー)

総院長 松本正洋


総院長の松本正洋が、あなたの場合の治療費治療方法治療期間をお答えさせていただきます。