インプラント治療計画書006
患者さん:兵庫県尼崎市 女性

●パノラマレントゲン写真

現在の問題点

抜歯が必要な歯  (矢印白)
根管治療〔根の治療)が必要な歯 (矢印赤)

治療計画 パターン1

歯のない部分すべてインプラントを埋め込む方法

上の図のようにインプラントを埋め込みます

メリット

歯のないところにインプラントを埋め込みますので、かみ合わせの力を分散する上で理想的です。

デメリット

インプラントの本数が多いのでコストが高くなります。右上の前歯の部分は骨の量が少ないので骨を作る手術か必要になります。

治療の手順

@左上犬歯の抜歯

A左上の部分床義歯の装着

B右上の側切歯の抜歯

C右上にブリッジ形式の仮歯を装着

D3ヶ月後左上インプラント埋入手術

E右上インブラント埋入手術

F3〜4ヶ月ご二次手術

Gインブラントのかぶせものの型採り

H試適

Iかぶせものの装着

@〜Cの段階で4ヶ月、D〜Fの段階で4ヶ月、G〜Iで3ヵ月 計約一年の治療期間を予定しています。

治療計画 パターン2

右側にプリッジを併用する方法

矢印の範囲でブジッジを製作します。他はパターン1と同じです。

メリット

インプラントの本数が少ないためコストが低くなる。

骨を増やす処置が不要になる。

外科的な負担が少なくなる。

デメリット

下の歯がインプラントなので咬む力で負けてしまう可能性がある。

一本健康な歯を削ることになる。

治療の手順

パターン1とほぼ同じです。右側のインプラントの手術が不要ですので期間は2〜3ヶ月短くなります。

※尚、その他の歯の状態によって治療の細かな部分は変更の可能性があります。それに伴い治療期間および費用において若干の変更が生じる可能性かございます。

インプラント治療計画書007
患者さん:大阪市西区 女性

●パノラマレントゲン写真

現在の問題点)

抜歯が必要な歯 ☆

根の治療が必要な歯 ★赤

歯がない部分 ★青

治療方針

左の上下の歯がない部分にインプラントを埋め込んで全体の安定をはかる

治療計画

1、左上のブリッジを切断します。問題の歯が残すことが出来るか、出来ないかの判断を行います。残す場合は根の治療に入ります。残せない場合は抜いていきます。尚抜いた場合は部分入れ歯を使用することになります。

2、抜歯した場合、4〜6ケ月まってインプラントを2本埋め込んでいきます。このあいだは仮歯が使用できない期間があります。根っこの治療を行った場合、インプラントを2木埋め込んでいきます。

3、左下のブリッジを除去します。一番奥にインプラントを1本いれていきます。

4、インプラントと骨がくっつくのを待ってかぶせ物の製作に入ります。

治療期間)

治療期間は歯を残した場合、約半年

歯を抜いた場合は、一年を予定しています。

インプラント治療計画書008
患者さん:大阪府吹田市 女性

●パノラマレントゲン写真

現在の問題点

@ 左下か1歯、欠損しています。
左下の親知らずが、炎症を起こしています。

A 右下か2歯、抜歯適応です。
右下の親知らずは、抜歯しました。

B左上の奥から2番目の歯の根が、炎症を起こしています。

治療方針)

@ 左下のインプラント手術
インプラントの手術時に、親知らずの抜歯を行います。

A 消毒

B 糸抜き(10〜14日後)

C 左下の定着を待つ聞、右下のィンプラント手術

D 消毒

E 糸抜き(10〜14日後)

F インプラントの定着を待つ

G 型どり

H 仮歯にて、見た目や使用感の確認

I 最終的な冠の完成

*インブラントか定着するまでの問に、他の虫歯治療も並行して行います。

インプラント治療計画書009
患者さん:兵庫県神戸市 女性

主訴

右上の歯が押さえると痛い。

●パノラマレントゲン写真

現在の問題点

@ 歯がある(上4本 下4本)
→順番に治療していきます
期間は半年以上かかるので、できるだけ同時に複数の歯を治療し、期間と回数が少なくなるようにします

A右上の歯2本(3番目と5番目)は抜歯します
→ブリッジの土台になぅている歯は2本とも状態が悪いため抜いて傷の回復を待ち
インプラント治療または義歯を進めていきます。

B左上の歯が2本抜けている
→左上はブリッジまたはインプラントを1本入れます

※右上のブリッジについて‥・
右上のブリッジは土台となっている歯(とくに犬歯)の状態が悪いです。

←とくに犬歯は根っこが割れてから治療せずにいた期間が長いため、周りの歯肉が下がっていて、このままではインプラント治療はできません。

そのため、インプラントをするにはGBR治療が必要となります。

治療方針

GBRの説明

GBR(guided bone rogeneration)とは骨再生療法で、インブラントをいれるための骨を
つくる治療法です。

利点

:どんな場所にもインプラントを入れることができるようになる
:自然な人工歯が装着可能

欠点

:やや手術の侵襲が大きく、腫れる
:感染のリスクがある
:歯か入るのに期間がかかる

1.インブラントを埋め込むには、表側の骨の里が足リません。

2. メンプレンと呼ばれる特殊な膜で、骨を作りたい場所を覆います。骨をつくる場所には、人工の骨補填剤を入れておきます。

3、 約4〜5ケ月で、新生骨ができあがります。

治療計画

@インプラント手術

A消毒

B糸抜き

CGBRをした場合1ヵ月後にGBR膜の除去

D2次手術  GBRの場合は5ヵ月後
2次手術とは、歯ぐきに埋まっているインブラントの顔出しをすることです。
麻酔をして、歯ぐきに小さい穴をあけるだけですのですぐに終わります。

E型どり

F完成

治療期間は1年以上かかります。

インプラント治療計画書010
患者さん:大阪市浪速区 男性

主訴

右上奥歯がしみる感じがする。

●パノラマレントゲン写真

所見

右下6虫歯(黄色矢印部分)

欠損部分の治療方針

右下6根の治療済み

○インプラント(1本)
○義歯
○ブリッジ

欠損部の治療には、上記3通りの治療法がありますので、それぞれご説明致します

ブリッジについて
《ブリッジの利点》

●補綴物(被せる人工の歯)の種類が選べる。セラミックを選ぶと見た目は天然の歯と殆ど変らないため、審美性は良好。

●天然の歯と比べて食感や味覚は自然で、あまり感覚が変わらない。

●治療期間が短く、比較的簡単に治療が受けられる。(ただし、神経を残せる場合。神経をとる場合はそのための数回の通院が必要になります。)

《ブリッジの欠点》

●ブリッジを固定するためには、両隣の歯を削る必要があります。

●両隣の歯を削った後、もし痛みが出た場合は、神経を取る場合もあります。

●ブリッジの支えになる歯は、それぞれ負担が大きいため、8年程度でだめになる場合が多いです。

●抜けた歯の部分の顎骨は次第にやせてしまう事があります。

●ブリッジで支えている義歯の部分に食べ物カスが詰まりやすいため、ロの中のケアをきちんとしないと不衛生になりやすい。

●ブリッジの場所によっては、発音しづらくなる場合があります。

ブリッジの写真

入れ歯について
《入れ歯の利点》

●一般的な治療のため、通院回数が少なく比較的簡単に治療が受けられます。
●取り外しが出来るため、自分で歯磨きが困難な方は、洗ってもらうことで口の中の衛生を保てます。

《入れ歯の欠点》

●入れ歯の形状が合っていないと口の中で動きやすくなり、痛みが伴う事もあります。

●部分入れ歯はバネで固定するため、バネの架かる歯は負担が大きくなり、数年でぐらぐらしてくる場合があります。

●入れ歯の部分に食べ物カスが残りやすいため、ロの中が不衛生になりやすい。

●入れ歯は噛む力が出にくいため、硬いものやお餅などは、噛みにくい。

●入れ歯の場所によっては、発音しづらくなる事があります。

●入れ歯を取り外して手入れをする必要があります。

保険の入れ歯

自由診療の入れ歯

◎インプラントについて(ブリッジと入れ歯の欠点を改善したもの)
≪インプラントの利点≫

●自分の歯のような感覚で噛む事ができます。

●顎の骨にしっかり固定されるため、噛む力、味覚が低下しません。

●顎の骨に埋め込むため、プリッジのように両隣の歯を削る必要がありません。

●見た目が天然の歯と殆ど変らないため、審美性が良好。

●インプラントがしっかり固定すると、顎の骨がやせるのを防ぐ事ができます。

●支えになる歯を必要としないため、天然歯の負担を滅らし、天然歯を守ります。

≪インプラントの欠点≫

●歯を抜く場合と同程度の手術が必要になります。

●体質や疾病(重度の糖尿病など)によっては治療ができない場合があります。

●自由診療なので保険がきかず、費用がかかります。

●プリッジや入れ歯よりも、治療期間が長くかかります(即時荷重インプラントは別)。

どの治療を選択されましても、最良の治療をさせていただきますので、何かあればお気軽にご質問ください。

※個人情報保護のため、地域名、固有名詞は変更している場合があります。

治療計画書11〜15へ→


インプラントについてのご質問・ご相談は無料初診カウンセリングでドクターが詳しくお答えいたします。お気軽にご予約ください。無料の電話相談やWeb診断も行っていますのでご利用ください。

無料電話相談・初診相談予約は0120-505-589(歯科センター相談窓口)までお電話ください。インプラントについてのご相談はこちらから 無料インプラント市民公開講座 無料Web診断・無料メール相談 無料初診相談のご予約

実績豊富・初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かネットから

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

説明会

無料Web診断(無料診断コーナー)

総院長 松本正洋


総院長の松本正洋が、あなたの場合の治療費治療方法治療期間をお答えさせていただきます。

インプラント治療に関するご質問・ご相談がおありですか?

無料電話相談にいただいたご質問は、専任のカウンセラーがお答えします。

2本抜歯しました。その後の処置として入れ歯かブリッジをすすめられています。インプラントをしたいと申し出たところ、抜いたところが治るまで時間があるので、よく考えてくださいと言われました。費用は30万円くらいといわれており、金額的には納得しています。ただかかりつけの先生のところにはCTがないため、CT撮影ができるところを紹介すると言われ、ここで手術を受けても良いのかどうか少し不安になっています。(堺市堺区 MO様)

保証期間が10年とありますが、メンテナンスにきちんと通って指導どおりにしていたのに歯周病でもたなくなることはないのでしょうか。その場合にも保証はききますか。(大阪市北区 IS様)

右下6が欠損していて5−7にブリッジを渡しているが、長年の経過の中で歯茎がはれて痛みがひどい。抜本的な対策としてインプラントを希望しています。一方で、金額面で躊躇しています。(大阪市福島区 MT様)

むし歯治療のかぶせ物(銀歯)の根元が折れて炎症を起こしています。歯医者さんによると抜歯後インプラントが一番良いとのことでした。ネットで体験談などを見ると確かにインプラントは良さそうに感じます。値段が高いのもしょうがないかなという感じです。思い切ってインプラントにしたいと思うのですが、治療期間は相当長くかかるのが普通なのでしょうか。(大阪市北区 OK様)