治療計画書026 患者さん:大阪市浪速区 女性

パノラマ画像




≪主訴≫


インプラントを入れたい

≪画像所見≫


左下567、右下6がありません。
噛み合わせを考え、左下に2本、右下に1本のインプラントを入れるのが最善と考えられます。左右同時に手術することも可能ですが、2回に分けるのであれば、片側の手術をして3〜4週間あけてから(手術時の治癒を待つため)もう片方の手術をすることが可能です。
左下5番の骨幅が3mmしかないのでスプリットクレストの処置が通常のインプラントの処置に加えて必要になります。

≪治療計画≫


@インプラント手術(左側)
A消毒
B糸抜き(10日から14日後)
Cインプラント手術から3週間以上あけて右側のインプラント手術
D4か月の治癒期間を置いて二次手術(左右同時)
二次手術は歯茎の中に埋まっているインプラントの頭の部分を口腔内に出す手術です。
麻酔をして歯ぐきに小さな穴をあけるだけですので1時間程度で終わります。
E精密な歯型とりとかみ合わせの位置決め
F仮歯
G仮歯でかみ合わせが安定してから人工歯の型取り
H人工歯の装着


治療期間は8〜9か月程度と思われます。


※個人情報保護のため、地域名、固有名詞は変更している場合があります。


インプラントについてのご質問・ご相談は無料初診カウンセリングでドクターが詳しくお答えいたします。お気軽にご予約ください。無料の電話相談やWeb診断も行っていますのでご利用ください。

無料電話相談・初診相談予約は0120-505-589(歯科センター相談窓口)までお電話ください。インプラントについてのご相談はこちらから 無料インプラント市民公開講座 無料Web診断・無料メール相談 無料初診相談のご予約

実績豊富  初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

説明会

無料Web診断(無料診断コーナー)

総院長 松本正洋


総院長の松本正洋が、あなたの場合の治療費治療方法治療期間をお答えさせていただきます。