インプラント

インプラント後の痛みの原因?そのワケ3選!

インプラント後の痛みの原因?そのワケ3選!  
インプラント治療を行った直後の痛みや、麻酔後や抜糸の痛みでもなく、術後何日も経つのに痛みが続くという人がいらっしゃいます。特に抜歯箇所や縫合にトラブルはなく、お口が切れた訳でもないのに、ずっと痛みが伴うと心配ですよね。不安に思う方もいらっしゃると思いますので、詳しくご説明いたしますね。


インプラント治療終了したのに痛いワケ

 
口腔内の環境を快適にしたいから、インプラント治療を選択したのに、治療完了後に痛いままの状態ですと本末転倒です。食事をする、すなわち噛んだ時に痛いと感じるのは、3つの理由が考えられます。1つずつご案内いたしますね。


理由その1~安いけど、コピーインプラントだった


1本あたりのインプラント費用が非常に安価な医院を例に、詳しくご紹介いたします。まず、安いというメリットで手術を行っています。

全ての歯科医院がそうではないでしょうが、安い医院の場合、ドクターが人工歯根と被せ物の材質は安価なコピーインプラントを使用している可能性があります。そのため、セラミックなどの被せ物の表面が割れやすい状況に陥り、隙間から口腔内の菌が侵入しやすくなります。つまり、せっかくのインプラントをダメにしてしまいます。

一般的に安価ですと、強度が弱いものを採用せざるを得ないです。クリニックは安価なものを適応することにより、利益が出ますが、長くお付き合い予定の歯がダメになると、患者様には金額の負担面でも大きなデメリットです。安いだけのクリニックは避ける、もしくは事前に確認を行うなど注意が必要です。

理由その2~メンテナンスを怠り、口腔内が不衛生になった


「インプラント埋入したし、大丈夫でしょ」と油断して歯磨きや歯科医院でのメンテナンスを怠ると、どのようなリスクが発生するのかをご説明します。インプラント自体は虫歯になることはありませんが、歯磨きが充分でないと歯垢がたまっていき、それが原因で歯茎に炎症が起こります。

歯茎の炎症が悪化していくと歯周病になってしまいます。インプラントの場合は、インプラント周囲炎と呼ばれます。インプラント周囲炎がすすんでいくと、歯周病と同じ経過をたどり、最後にはせっかく埋入したインプラントが抜けてしまうことになります。

インプラント周囲炎になると、すぐにインプラントの再手術というわけにいかず、歯茎の治療をしなければなりません。インプラントが脱落する程の炎症が起こっているのですから、インプラントの周囲の天然歯もグラグラしている可能性があります。

歯肉炎や、歯周ポケットなどが作成されていないかのチェックは、やはり専門スタッフによる定期的な歯科検診やメンテナンスを受診いただくことが一番です。それが予防となり、結果として、インプラントの長期的な保持につながります。


理由その3~症例数が少なく、咬み合わせの設計が下手だった


「インプラント埋入したし、大丈夫でしょ」と必要なメンテナンスを怠ると、どのようなリスクが発生するのか、ご説明します。インプラント自体は虫歯になりませんが、お口の中にはたくさんの菌が存在しています。

歯肉だけではなく歯槽骨と呼ばれるインプラントした骨まで菌が侵入した場合、炎症が起きてしまいます。菌により歯肉がさがったり、骨が痩せたりすると、インプラントが動揺したり脱落する「インプラント周囲炎」になります。インプラントが動揺すると、増骨して再手術になり、また別料金が発生します。
歯肉炎や、歯周ポケットなどが作成されていないか、もしくは噛み合わせが大丈夫かなどのチェックは、やはり専門スタッフによる定期的な歯科検診やメンテナンスを予約し、受診いただくことが一番です。それが予防となり、結果として、インプラントの長期的な保持につながります。


どうすれば痛みが取れる?

 
早く痛みを抑える方法は?と皆さんが思われることだと思います。痛みには個人差がありますが、早く取り除いてリラックスされたいとは誰もが思う事ですよね。もちろん、これ以外にも激しい運動により痛みが出たり、お酒を飲んでその刺激により痛みが出るケースもあります。それらを控えると痛みが軽減される事もございます。

インプラント後の痛みがどの原因に当てはまるかは、やはりクリニックで再度診療してもらいましょう。どれに該当するかにより、痛みを取り除く処置や、程度によっては痛み止めを処方し服用してもらうケース、もしくは残念なことに再手術をしなければならないかなど、方法が異なります。経験豊富な歯科医に相談すれば、しっかり診断してくれます。

まとめ

 
いかがでしたか。今回は「インプラント後の痛みの原因について」ご説明いたしました。以上の点を踏まえて、現在インプラント治療を検討中の方には、ぜひ、このような痛みを経験されることがないことを願います。

そのためには、「患者様が受ける治療内容や流れを、しっかりと説明する歯科医師やスタッフ」に出会う事が重要です。ご面倒かもしれませんが、何院もカウンセリングを受診して、ご自分に合った安心できる歯科医院を見つけることが一番良い方法だと思います。