インプラント

4割の人が歯の治療を放置しているって本当?

4割の人が歯の治療を放置しているという実態

 

歯医者に通う時間がない、費用の心配がある、歯医者が苦手などの理由で、歯の治療に行けていない方が多いようです。歯の治療は早ければ早いほど軽く済み、費用もかかりません。逆に遅くなれば最悪の場合、歯を失ってしまうことになりかねません。歯の治療にまつわる様々な事情についてお伝えします。

治療は早ければ早いほど簡単

 

歯の治療に関しては身体の他の部分の治療とは全く異なり、自然に治るということが殆どありません。歯に異常が見つかってから受診までの日数が長ければ長いほど治療も複雑になり長引く傾向があります。更にきちんと治しておかずにその場しのぎの治療をしてしまうと状況は更に悪くなります。

歯を失った患者さんは「もっと早く治療していれば」と後悔される方が多く、実際に早く受診していれば歯を抜かずに済んだ可能性が高いです。早めの受診はもちろん重要ですが、それよりも大切なことは数か月に一度の定期検診に必ず来て頂くことです。定期健診の際には虫歯や歯周病がないかチェックを行いますので、もし虫歯が見つかっても軽度なうちに治療出来ますし、歯周病に至っては症状が出始めた頃にケアをきちんと行っておけば重症化することもないでしょう。

そうして早め早めの治療を心がけていれば多くの歯を失うこともなく、インプラントを何本も埋入したり入れ歯を入れるような状態にもならなかったということになります。そんなわけで私達は患者さんに対して時には口うるさく「定期検診」と申し上げています。

定期健診を受ける、そして何か歯の不調が見つかったときには出来るだけ早い段階で受診する、この二つを徹底して守っていただく事で、歯はかなりの確率で守れます。

4割の人が歯の治療を放置

 

全国保険医団体連合会が実施した全国1万人へのアンケートで、歯の治療をせずに放置している人が4割近くに上る事が分かりました。治療に通う時間がない、費用の心配がある、歯科での治療が苦手などの理由があるようです。

虫歯や歯周病は放置していると、悪化し結果として治療が大変になってしまいます。費用的にも高い治療費がかかってきます。定期的に検診を受け、問題を早めに発見・治療することが重要です。

歯みがきをキチンとしているつもりでもきっちり磨けていなくて磨き残しがあったり、強く磨きすぎていたりするので自己流の磨き方を歯医者さんで正しい磨き方に指導してもらうことも必要です。自分のライフスタイルに合った診療時間の歯科を探したり、治療の内容や費用をきっちり説明してくれる歯科で治療するなどして、歯医者さんに行くことへの抵抗をなくし、自分の歯を長く守っていけるようにしたいですね。

美しく健康な歯を維持するためには、毎日の歯磨き等のケアが大切です。歯周病予防のためにも、正しいブラッシングと、歯科医院での定期健診を欠かさず行いましょう。

インプラントとは、事故や虫歯等で歯を失った方に、人工の歯を作る治療法です。チタン製の人工歯根を顎骨の中に埋込し、その上に新しい歯を作ります。

インプラント、ブリッジ、入れ歯

入れ歯は、歯ぐきの上に義歯を乗せることになり、部分入れ歯の場合は、隣の歯にバネをひっかけて安定させるもの等があります。その結果、両隣の歯を傷めたり、お口の中に炎症が起きることになります。また、ブリッジは両隣の歯で橋をつくるような形状で、結果としてこれも両隣の歯を傷めてしまいます。

一方インプラントは、直接骨に埋め込むため、顎の骨が痩せることがなく、健康な歯を痛めることもありません。まるで天然の歯と同じようにしっかりと骨に固定されているために、堅いものも噛めて快適です。

歯を抜いたあと、放っておくと危険です

 

虫歯や歯周病などで、歯を抜かなければならないと歯医者さんから言われたとき、幾つかの治療方法が提示されます。ですが、抜歯した後、治療せずにそのままにしてしまっている方もおられます。確かに奥歯が1本くらいなくても、他人からはほとんど見えないし、物を噛む時も、それほど不自由を感じないかもしれません。しかし、そのまま放っておくと、実は怖いことが起こるのです。

それは、抜けた歯の部分にスペースが出来るために、両隣の歯が空いたスペースの方へ少しずつ倒れてきます。また、横の歯だけでなく、例えば上の歯がない場合、下の歯が上に伸びてくることがあります。1本歯がないだけでも、全体の噛み合わせが崩れ、このような事が起こってきます。

その他にも、はっきりと発音できなくなったり、噛み合わせが悪くなることによって、知らない間に全身のバランスが崩れ、肩こりや頭痛、筋肉が張るなどの症状が出る場合もあります。もちろん、これらの症状は個人差があり、人によって様々です。どの場所の歯を失ったかにもよりますので、早めに歯科医院で治療を受けることをお勧めします。

抜歯後に治療していなかった場合の様々な弊害

虫歯や歯周病、事故等で歯を失った場合、治療せずにそのまま放っておくと、身体上に様々な弊害が出てきます。

まず、歯を失った部分の顎の骨が少しずつやせていって、更に、残っている歯の位置がずれていきます。両隣の歯が空いたスペースに向かって倒れてきたり、又は、上の歯が下のスペースに向かって伸びてきたり(下の歯を失った場合)ということが、本当に起こります。

その結果、咬み合わせが悪くなりますので、顔の輪郭が変わったり、うまく言葉が発音できなくなったりということが起こってきます。1本くらい抜けても、他の歯があるから大丈夫、というわけにはいかないので、歯を失ったら、なるべく早く治療しましょう。

治療はどのような方法になるかというと、ブリッジ、入れ歯、インプラントという3つの選択肢があります。どの方法も一長一短ではありますが、天然の歯と同じ自然な感じ(口の中での違和感がない、取り外して洗う必要がない、何でも噛める)を第一に考えると、インプラントが一番すぐれているのではないかと思います。

まとめ

 

今回は、歯を失った時に、どのようなデメリットが起こりうるかという事をご説明しました。口腔内だけでなく、全身に及ぼす影響があるという事です。もし、歯を失った際は、いち早く受診されるようにしてくださいね。