インプラント治療前・治療後の疑問

インプラント治療の流れを詳しく知りたい

インプラント治療の流れを詳しく知りたい

インプラント治療の大まかな流れと注意点を「二回法」の手術の場合を例にご説明します。

初診相談と検査

初診相談

まず患者さんからお話を聞かせて頂きます。その後、口腔内を診せていただき、欠損している歯の部分や周辺の歯の状態を診ます。

骨の状態を確認するためにレントゲン、CT撮影を行います。レントゲン、CTのデータを見ながら、どのような治療が考えられるかを患者さんにお話しします。

その後、CTデータを3D画像として様々な方向からシミュレーションし、治療計画をたてて、患者さんにご説明します。骨が足りないため増骨の処置が必要な場合は、その手術についてもお話します。

ここまでで2~3回の来院が必要になります。手術を受けることに同意して頂いた場合は、次のステップに進みます。

手術前にしておくこと

歯科衛生士による歯のクリーニングを受けて頂き、口腔内の歯垢(プラーク)や歯石を取り除いてきれいな状態にします。歯茎が軽い歯肉炎を起こしている場合は、クリーニングによって炎症を抑えることが出来ます。

歯周病や虫歯がある、噛み合わせ(咬合)が悪いなどの場合には、手術までに治療を行い、口腔環境を整えておくことが大切です。

インプラント体埋入手術(一次手術)

1.手術前は患者さんになるべくリラックスしていただき、緊張感を和らげるような心がけをクリニック側では施しています。

まず、患者さんの血圧・脈拍・呼吸・体温などのバイタルサインを測定し、健康状態を確認した後、不安を和らげリラックスしていただくためのお薬を服用していただきます。

2.患者さんに全身管理モニターを装着します。必要に応じて局所麻酔、笑気麻酔、静脈麻酔処置を行い、麻酔の効果が認められたら手術を始めます。

3.インプラント体を埋めるために歯肉を切開して、歯槽骨にドリルを使ってインプラント体を埋入するための穴(インプラント埋入窩)をあけます。

インプラント体を埋込して、その頭部にカバースクリュー(蓋となるネジ)を装着し、切開した歯肉を縫合します。これでインプラント体を埋入する一次手術は完了です。

インプラントの埋入本数や手術法にもよりますが、手術時間は30分〜2時間位です。※増骨の処置を行う場合は少し手術時間が多くかかります。

術後は麻酔が覚めるまでゆっくり休んでからお帰りいただきます。

4.一次手術後の数日間は抗菌薬と消炎鎮痛薬を服用していただきます。抜糸は1~2週間後位に行います。

手術した傷口が開かないように、術後3週間ほどは軟らかめの食事をとるようにします。殺菌用のうがい薬で口をすすぎ、口腔内を清潔に保って感染から守ることが大切です。食事や歯磨きなどで、手術の傷口に刺激を与えないように十分に注意してください。

なお、術後しばらくはアルコールやタバコなどの刺激物は避けた方が良いでしょう。

特に喫煙は毛細血管を収縮させ、血流を悪くするため、手術の傷口の治療を妨げるほか、様々なリスクがあります。インプラント体埋入手術前後の少なくとも3週間は禁煙が必要ですので、喫煙者はこの際、ぜひ禁煙していただきたいものです。

5.インプラントが顎骨としっかり結合するまでの治癒期間(通常、上顎で6ヶ月、下顎で3ヶ月)は、定期的に通院していただき、経過を診ます。必要に応じて仮歯を装着することもあります。

アバットメント連結手術(二次手術)

1.埋入したインプラントと歯槽骨がしっかり結合したことが確認できたら、インプラント体とアバットメントを連結するための二次手術を行います。

二次手術は一次手術と比べると負担の少ない手術です。インプラント体埋入部の歯肉を切開し(切開せずに、歯肉パンチという器具で歯肉をくりぬく場合もあります)、インプラント体(人工歯根)の頭部にかぶせたカバースクリューを外して、ヒーリングアバットメントという仮のアバットメントを連結します。切開した歯肉を再度縫合して(パンチの場合は縫合の必要はありません)、二次手術は終了です。

2.約1週間後に抜糸し、ヒーリングアバットメント周囲の傷が治ったら(通常1〜3週間後)、上部構造を作製するための型取りを行います。

上部構造(人工歯冠)装着

1.アバットメント連結後の口腔の形をとって上部構造の模型を作り、まず仮歯をお口の中に装着して、噛み合わせや適合状態を綿密にチェックします。

この仮歯を暫く患者さんに使っていただき、日常生活の中での審美性や噛み合わせなどに問題がなくなるまで調整します。

2.それをもとに上部構造の材質・形・色などを検討し、最終的に出来上がった上部構造を装着し、噛み合わせや噛み具合に不都合がないか確認します。

3.その後、日常生活において食事や会話などにも問題ないことが確認できれば、インプラント治療完了となります。

まとめ

インプラント治療の大まかな流れは、以上のような内容になります。GBR、ソケットリフトなどの増骨の処置を行った場合は、行わない場合と比べると手術時間、治療期間、費用が多くかかります。

どんな風に治療を進めていくかは患者さんお一人おひとりによって違いますので、まずはお話をお聞かせください。